Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • インフラ
  • 開発

C#でUDPパケットをひたすら送り続ける

先日のiPhone UDP受信テストの際に使った、WindowsからUDPパケットを送りつけるプログラムを載せてみます。
一切の遠慮無く、1秒に20枚のペースで、デスクトップに置いてあるimg0.png~img9.pngの画像ファイルを一方的に送りつけます。

///一定時間ごとにUDPで画像を一方的に送りつける
private void SendData()
{
    //ローカルポート番号2222にバインドする
    System.Net.Sockets.UdpClient udp = new System.Net.Sockets.UdpClient(2222);

    int count = 0; //何番目の画像を送信するかのカウンタ

    Timer timer = new Timer();
    timer.Tick += new EventHandler((s, e) =>
    {
        if (++count > 9)
        {
            count = 0;
        }

        //デスクトップのimg0.png~img9.pngを送る
        string filename = @"C:\Users\baba\desktop\img\" + count + ".png";
        using (System.IO.FileStream fs = new System.IO.FileStream(filename, System.IO.FileMode.Open, System.IO.FileAccess.Read))
        {
            byte[] sendBytes = new byte[fs.Length];
            fs.Read(sendBytes, 0, sendBytes.Length);
            //宛先IPとポート番号を指定する
            udp.Send(sendBytes, sendBytes.Length, "192.168.100.50", 5555);
        }
    });
    timer.Interval = 50;
    timer.Start();
}

.NETは簡単にこういったコードが書けて便利ですね。
何の工夫も最適化も無いですが、50枚/秒くらいなら全然問題にならない程度の速度は出ていました。

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。