Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • 開発

Android複数人開発時の注意

Android開発をチームで行う場合、証明書周りで微妙に注意が必要です。

■1台のデバイスを使い回す場合
1台のデバイス(エミュレータを含む)には、同じアプリは1個しかインストールできません。
開発中にRunすれば自動的に再インストールされますが、別の証明書で署名された同一アプリがある場合、エラーになります。

Re-installation failed due to different application signatures.
You must perform a full uninstall of the application. WARNING: This will remove the application data!
Please execute ‘adb uninstall android.noah’ in a shell.
Launch canceled!

この場合、端末側で「設定→アプリケーション→アプリケーションの管理」から、該当アプリケーションをアンインストールすればOKです。
(エラーメッセージにあるコマンドを実行してもOKです)

■Google Maps APIを使う場合
Google Maps APIを使う場合は、APIキーを取得する必要があります。
このキーは、証明書ごとに有効になるため、別の証明書で署名した場合には使えません。

ソースコードをSVNなどで共有していて、ソースコード中にAPIキーを書いている場合、証明書も共有してしまうのが楽ですね。
C:/Users/baba/.android といった場所にある、debug.keystore が、開発時自動的に使われる証明書です。
Eclipseの設定で、Android→Buildから、Custom Debug Keystoreとして誰かのやつを指定すれば良いと思います。

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。