ActiveRecordの便利機能previous_changes

ActiveRecordには便利なprevious_changesというメソッドがあります。
割と知名度が低いので、ここで使い方をご紹介します。

(08/26追記)
はてブでご指摘(?)頂きましたが、正確にはActiveRecordではなくActiveModel::Dirtyの機能です。

まずはchanges

previous_changesの前に基本のchangesです。
これは、saveする前に変更されたattributeを調べる機能です。

まずはfindした直後です。changed?は当然falseになります。

User.create(name: "Taro")
user = User.find(1)

user.changed?
# => false

user.changed
[]

user.changes
# => {}

user.changed_attributes
# => {}

attributeを書き換えてみましょう。changesが取得できるようになりました。

user.name = "Jiro"

user.changed?
# => true

user.changed
# => ["name"]

user.changes
# => {"name" => ["Taro", "Jiro"]}

user.changed_attributes
# => {"name" => "Taro"}

user.name_changed?
# => true

user.created_at_changed?
# => false

saveすると、changed?はまたfalseに戻ります。

user.save

user.changed?
# => false

ここでprevious_changes

ここで、さっきのchangesが欲しい!ということはよくありますよね。
典型的な例としては、after_save以降のタイミングで変更履歴を残したいなどがあげられます。

こんなときに、previous_changesが使えます。

user.previous_changes
# => {"name" => ["Taro", "Jiro"], "updated_at" => [Wed, 07 Aug 2013 02:15:34 UTC +00:00, Wed, 07 Aug 2013 02:24:55 UTC +00:00]}

シンプルで便利ですね。

なお、これはDBの履歴を持っているスーパーでワンダホーな機能ではなく、単にインスタンス変数として保存しているだけです。findした直後のインスタンスで取得したり、繰り返し呼んで古いデータを復元することはできません。念のため。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ