Qt Quick2でMouseAreaの外のイベントもハンドリング

Qt QuickでQMLなアプリを書いているとき、MouseAreaだけではマウスイベントを満足に捕捉できなくなりました。

前回の記事とほとんどかぶってます。

たとえば、ウィンドウの端にマウスが到達したらイベントを発生させたいけれど、その下にボタンがあるのでイベントを横取りして欲しくない、などです。

# my_application.h
class my_application : public Application {
    Q_OBJECT
public:
    explicit my_application(int &argc, char **argv);

protected:
    virtual bool eventFilter(QObject *obj, QEvent *event);
};


# my_application.cpp
bool my_application::eventFilter(QObject *obj, QEvent *event) {
    if (event->type() == QEvent::MouseMove) {
        QMouseEvent *mouseEvent = static_cast<QMouseEvent *> (event);
        QPointF pos = mouseEvent->windowPos();

        // qmlRegisterType + setContextPropertyを使用してC++とQMLを
        // 連動させれば、QMLにイベントを渡せる。

        /* Fall through */
    }
    return QObject::eventFilter(obj, event);
}

これで無事に全体のマウスイベントをとれました。

EventFilterは協力なので、あまりやると「何でQML使ってるんだっけ?」となるのでほどほどに。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ