Mac版Qt Quick2でESCキーをハンドリング

Qt QuickでQMLなアプリを書いているとき、エスケープキーをハンドリングしたくなりました。

# qml/myapp.qml

Keys.onEscapePressed: console.log("ESC");

Windows版ならこれで良いのですが、Mac版だとイベントが発生しません。Shift + ESCを押すとなにやら反応します。
Macは使わないのでよく知らないのですが、ESCをハンドリングするのは一般的ではないのでしょうか?

ひとまずこれでは困るので、イベントループから取ってきてしまいました。

# my_application.h
class my_application : public Application {
    Q_OBJECT
public:
    explicit my_application(int &argc, char **argv);

protected:
    virtual bool eventFilter(QObject *obj, QEvent *event);
};


# my_application.cpp
bool my_application::eventFilter(QObject *obj, QEvent *event) {
    if (event->type() == QEvent::KeyRelease) {
        QKeyEvent *keyEvent = static_cast<QKeyEvent *> (event);
        if (keyEvent->key() == Qt::Key_Escape) {
            // Some process.
            qDebug("ESC");
            return true;
        }
    }
    return QObject::eventFilter(obj, event);
}

これで無事ハンドリングできました。

※Qt 5.2.1を使い、Qt Quick Controlsなアプリケーションです。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。得意分野はWeb全般、Ruby on Rails、Androidアプリケーションなど。最近はBlinkと格闘中。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(高度10区分)などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ