Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • 開発

Windows: アプリ終了時テストをPowerShellスクリプトで楽に行う

デスクトップアプリを開発する際、アプリ起動時や終了時に低確率で発生するバグを踏むことがあります。複数のスレッドが存在し、たまたま特定のスレッドの終了処理が完了した際に発生する、などです。

具体的には、ごくまれにウィンドウの×ボタンを押してもアプリが終了しない、というバグを踏みました。10回に1回程度発生してくれれば楽なのですが、500回に1回程度発生するものがあって修正確認が面倒だったので、以下のような手抜きPowerShellスクリプトを書きました。LinuxやMacなら普通にbashスクリプトを書けば良いのですが、Windowsのスクリプトは経験がなかったので、「はじめてのPowerShellスクリプト」です。

手順

準備

事前準備として、署名のないPowerShellスクリプトを許可しておきます。管理者として起動したPowerShellで以下のコマンドを打ちます。当然セキュリティレベルを下げる操作なので理解した上でご利用ください。

set-executionpolicy unrestricted

スクリプト

不具合が出てもクラッシュやフリーズなどが後で見てわかるようなアプリであれば、あとはこんな感じのtest.ps1を作って、

$i = 0
Do {
  echo $i
  $i += 1
  Start-Process("C:/development/MyApp.exe")
  Sleep 3
  $ps = Get-Process | Where-Object {$_.Name -match "MyApp"}
  $ps.CloseMainWindow()
  Sleep 1
} While (1)

通常権限のPowerShellでtest.ps1を実行し、PCが頑張っている間に帰宅して翌日確認すればOKです。

ポイントは Stop-Process だと強制終了されてしまうので、CloseMainWindow 関数を使うことくらいです。

関連記事

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。