Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • IT Tips

[Windows] PowerShellをランチャーなしで起動するショートカット

Windows Vista以降では、PowerShellが標準搭載されています。

慣れてくると、コマンドプロンプトよりもPowerShellの方がいろいろ便利です。とりあえず、うっかりlsと打っても大丈夫なのが一番重要。

ただし、起動手順は

  • コマンドプロンプト: Windows + R → cmd
  • PowerShell: Windows + R → powershell

このように、powershellと打ち込むのがめんどくさいですね。

ショートカットを追加

そこで、ファイル名を指定して実行のショートカットに追加してしまいましょう。

C:/Users/baba/shortcuts などのフォルダを作り、その中にPowerShellへのショートカット「ps」という名前で作ります。

ps → C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe

後は、環境変数のPATHにC:/Users/baba/shortcuts を追加すればOKです。

環境変数のPATHを設定

環境変数のPATHを設定

これで、Windows + R → ps でPowerShellが開くため、コマンドプロンプトを使う機会が減りそうです。
ショートカットを作成する際、作業フォルダを指定できるのもポイントですね。

もちろん、PowerShell以外にもショートカットおき放題なので、ランチャーいらずです。

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。