Railsの`CurrentAttributes`は有害である(翻訳)

概要 原著者の許諾を得て翻訳・公開いたします。 英語記事: Rails’ CurrentAttributes considered harmful 公開日: 2017/06/22 著者: Ryan Bigg: Ryan Bigg氏はRailsのcontributorであると同時にCulture Amp社のメンバーであり、RubyやElixirでの開発を行っています。RailsガイドのドキュメントやMultitenancy with Rails など多くの執筆実績があり、現在はDeep Dive Railsという書籍を執筆中です(現時点で45%↓)。 leanpub.com/ddrより RailsのCurrentAttributesは有害である(翻訳) 最近Rebecca Skinnerに教えてもらったこのcommitは、Railsアプリにいわゆる「グローバルステート(global state)」を効果的に導入するためのものです。 グローバルステートが一般によくない理由を述べる代わりに、Stack ExchangeのよくできたQ&Aのリンクをご紹介します。 ごく簡単に言えば、(グローバルステートがあると)プログラムのステートが予測不可能になります。 詳しくはこうです: 同じグローバル変数を共有しているオブジェクトが2つ(以上)あるとしましょう。ランダムさをもたらす不確定要素がモジュール内のどこにも使われていない前提条件においては、あるメソッドの実行前にシステムのステートが既知であれば、そのメソッドの出力は予測可能(したがってテスト可能)になります。 commitではスレッドローカルな変数も実装されていますが、このチョイスがよろしくない理由についてStack Overflowの回答から引用いたします。 テストの難易度が上がる: スレッドローカルな変数をコードで使うと、そのコードの外で書くテストでもスレッドローカルな変数を設定し忘れないよう注意が必要 スレッドローカルな変数を使うクラスは、オブジェクトが利用不可能になっているのではなくスレッドローカルな変数の内部にあることを認識できる必要がある: 通常、このような間接性(indirection)はデメテルの法則に反する スレッドローカルな変数をクリーンアップしないと、フレームワークでスレッドを再利用するときに問題が生じる可能性がある: スレッドローカルな変数が既に初期化され、変数の初期化で||= 呼び出しに依存するコードがコケる可能性がある CurrentAttributesがデメテルの法則にも反していることについては本記事では言及しません。ある日から突然、Currentがアプリのあらゆる場所で利用できるようになることを問題にしたいと思います。よいコードとは、メソッドや関数で利用できるようにする方法をコードで明示する(explicit)ものです。しかるに、CurrentAttributes機能はよくないコードであり、モデルでCurrent.userが利用可能になるまでの流れが明らかになりません。ただひたすら「魔法のように」そうしてくれるというだけです。 私はいつもRailsの魔法で楽しんでいますし、これまでにも随分と助けられてきました。render @collectionやポリモーフィックルーティングなどお気に入りの魔法はいくつもありますが、こうした魔法が優れているのはスコープが限定されているからです。コレクションをレンダリングできるのはビューであることも、ポリモーフィックルーティングを使えるのはコントローラやモデルやヘルパーであることも、ちゃんと察しがつきます。 私がいくら魔法が好きだからと言っても、CurrentAttributesの魔法はあまりに強力すぎます。スレッドローカルなグローバルステートを導入すると、Currentに実際に値を設定するコードが覆い隠されてしまいますし、値の出どころも暗黙(implicit)になってしまうからです。 「それ、コントローラで設定されるから」という反論もあるでしょう。ではコントローラがない場合はどうなるのでしょう。バックグラウンドジョブでは、あるいはテストではどうなるのでしょう。確かに、どちらの場合についても以下のようにCurrentで値を指定できます。 def perform(user_id, post_id) Current.user = User.find(user_id) post = Post.find_by(post_id) post.run_long_running_thing # … Continue reading Railsの`CurrentAttributes`は有害である(翻訳)