Ruby正規表現の後読みでは長さ不定の量指定子は原則使えない

こんにちは、hachi8833です。「ライフ」カテゴリの記事でアドベント書きたかったのですが、こちらの小ネタにします。 正規表現の先読みと後読みについては「正規表現の先読み・後読み(look ahead、look behind)を活用しよう」をご覧ください。 以下は基本的にRubyの正規表現(onigmo)を使います。他の正規表現ライブラリではこのとおりにならない可能性があります。 Rubyの正規表現の後読みは長さを不定にできない 以下の文字列が対象です。 word work wording working interesting partitioning subscribe subscriber subscri … Continue reading Ruby正規表現の後読みでは長さ不定の量指定子は原則使えない