週刊Railsウォッチ(20191125)Ruby 3.0は2020年12月にリリース決定、Rails 5.2.4rc2とRuby 2.7.0-preview3がリリースほか

こんにちは、hachi8833です。先週発熱してしまいました💊。今週のウォッチはいつもより短くなっています🙇。

  • 各記事冒頭には⚓でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ
  • 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です👄
  • 毎月第一木曜日に「公開つっつき会」を開催しています: お気軽にご応募ください

お知らせ: 週刊Railsウォッチ「第17回公開つっつき会」(無料)

第16回目公開つっつき会は、来週12月05日(木)19:30〜にBPS会議スペースにて開催されます。

週刊Railsウォッチの記事やここだけの話にいち早く触れられるチャンス!発言・質問も自由です。引き続き皆さまのお気軽なご参加をお待ちしております🙇。

Rails

Rails 5.2.4rc2がリリース(Ruby公式ニュースより)

Changelogを見た限りでは、修正この間の6.0.1よりも少なめで、2017年などやや古い修正も含まれています。セキュリティ関連の修正は見当たりません。

PR: Make ActiveSupport::Logger Fiber-safe by cmrd-senya · Pull Request #36753 · rails/rails

Rails 6.0.1がリリース!修正を追ってみました

Rails 6のActive Record新機能10(Ruby Weeklyより)

目次より:

  1. rails db:prepare
  2. rails db:seed:replant
  3. データベース自動切り替え
  4. Enumのnot_*スコープ
  5. #extract_associated
  6. #annotate
  7. #touch_all
  8. #destroy_by#delete_by
  9. #whereでのエンドレスレンジ..
  10. implicit_order_column

Ruby

Ruby 2.7.0-preview3がリリース

preview2↓からの変更点はそれほどありませんので、違いのみピックアップします。

Ruby 2.7.0-preview2がリリース

キーワード引数について

  • preview3リリースの主な目的は、キーワード引数の互換性確認用。
    • キーワード引数関連のwarningが冗長という指摘があり、「deprecation warningをデフォルトで無効にする(#16345)」か「deprecation warningを減らす(#16289)」の2つのソリューションを議論中。まだ決定は下されていないが、最終リリースでは修正の予定。

つまりpreview3で互換性を開発者にどしどし確認して欲しいということですね。

取り消された機能

  • experimentalのメソッド参照演算子.:Feature #12125, Feature #13581, Feature #16275)が取り消し
  • Symbol#to_sModule#nametrue.to_sfalse.to_snil.to_sが常にfrozenを返す変更(Feature 16150)が取り消しに
  • regexp#match?にnilを渡した場合に(StringやSymbolと同様に)TypeErrorを返す変更(Feature #13083)が取り消し

デフォルトgem

上はすべて11/06から公開されています。

  • 以下のデフォルトgemはruby-coreに昇格のみ、rubygems.orgでは未公開
    • monitor
    • observer
    • timeout
    • tracer
    • uri
    • yaml

その他

  • MonitorクラスとMonitorMixinモジュールのパフォーマンス改善(Feature #16255

RubyConf 2019に参加した

先週ナッシュビルで開催されたRubyConf 2019のNoah Gibbsさんによる記事です。

抜粋:

  • Ruby 3.0の来年12月リリースが決定したことが公式にアナウンスされた
  • Fiberを用いたasyncなgemがRubyコアに多数入りそう
  • 個人的にArtichokeが面白そう
  • rubyfmtは発展途上だがアツい(以下の記事参照)

Matzのキーノート動画(54m52s)を覗いてみたところ「よほどのことがない限り来年12月にRuby 3.0をリリースする」「期限切ったことがとても重要」「もしかしたら機能をいくつか落とすかもしれないけど」「頑張って締め切り守る」とのことでした。

RuboCop作者がRubyコードフォーマッタを比較してみた: 前編(翻訳)



rubyconf.orgより

その他Ruby


今週は以上です。

おたより発掘

バックナンバー(2019年度第4四半期)

週刊Railsウォッチ(20191119後編)メソッド参照演算子が廃止、GitHub新機能続々、平成Ruby会議、GitHub OAuthバイパスほか

今週の主なニュースソース

ソースの表記されていない項目は独自ルート(TwitterやはてブやRSSやruby-jp Slackなど)です。

Ruby 公式ニュース

Rails公式ニュース

Ruby Weekly

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の監修および半分程度を翻訳、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れて更新翻訳中。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好きで、Goで書かれたRubyライクなGoby言語のメンテナーでもある。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ