RubyでExcelデータをJSON形式に変換するには

Excelで作った表データをJavaScriptであれこれしたい時に,ExcelデータをJSONに変換したいことがあったので,さっくり書いてみました.特徴としては,セル内改行があっても正しくデータが取れるので,CSVやTSVに比べるとデータに自由が効く点があります.HTMLを入れてみたり,JavaScriptを入れて読み込み側でeval()してみたりと色々応用が利くと思います.

動作環境

動作環境はRuby 1.9.3,ActiveSupport 3.2.13,roo 1.11.2です.Mac環境でのみ確認しています.ご利用は自己責任でお願いします.

利用方法

まず,以下のgemをインストールします.

$ gem install active_support roo

その後,以下のコードをexcel2json.rbとして保存します.Excelデータのファイル名は適宜変更してください.

# encoding: utf-8
# 
# excel2json.rb: Excel -> JSON変換を行う
# 
# usage:  $ ruby excel2json.rb
# 
# description:
#  SOURCE_FILEに変換したいExcelファイル名を設定して実行することでJSONデータを標準出力に表示する

# 変換するファイル名
SOURCE_FILE = "SOURCE_EXCEL.xlsx"

# Ruby 1.8系の場合はrubygemsをrequireする必要がある
# require 'rubygems'
require 'active_support/all'
require 'roo'

# xlsxではなくxlsファイルを使う時はExcelx -> Excelに変更する
doc = Roo::Excelx.new(SOURCE_FILE)
# 1枚目のシートを使う
doc.default_sheet = doc.sheets.first

# 1行目をヘッダ行として列数をカウントする.ヘッダ名をJSONのhash keyにするので空文字はスキップされる
headers = {}
(doc.first_column..doc.last_column).each do |col|
  headers[col] = doc.cell(doc.first_row, col)
end

hash = {}
hash[:data] = []
((doc.first_row + 1)..doc.last_row).each do |row|
  row_data = {}
  headers.keys.each do |col|
    value = doc.cell(row, col)
    # rooは整数値もfloatとして返すので,整数値なら整数に変換する(必要なければコメントアウトして良い)
    value = value.to_i if doc.celltype(row, col) == :float && value.modulo(1) == 0.0
    row_data[headers[col]] = value
  end
  hash[:data] << row_data
end

puts hash.to_json

実行するには単に

$ ruby excel2json.rb

とすれば良いです.ソースコードのSOURCE_FILEに変換したいExcelファイルのファイル名を入れて下さい.

変換データのサンプルですが,以下の様なデータを入力すると,

Screen Shot 2013-05-16 at 21.18.23

以下の様な構造のJSONになって出てきます.

{
   "data":[
      {
         "id":1,
         "title":"ほげほげほげ",
         "body":"ほげほげほげ?ふがふがふがふが"
      },
      {
         "id":2,
         "title":"ふがふがふが",
         "body":"ふげふげふげ!\nふgうghうgうっっっっっうぇうぇ"
      },
      {
         "id":3,
         "title":"ぴよぴよぴよ",
         "body":"改行があっても\nちゃんとでーたがとれますぜ"
      },
      {
         "id":4,
         "title":"うぇえっっっうぇうぇうぇっうぇっっっうぇうぇ",
         "body":":\"'wee;;;;llm,記号を入れてみた"
      },
      {
         "id":5,
         "title":"おなかすいた",
         "body":123123
      },
      {
         "id":6,
         "title":"小田急線が遅れている件について",
         "body":null
      },
      {
         "id":7,
         "title":"雨が止まない件について",
         "body":"ueueueueeu"
      },
      {
         "id":8,
         "title":"傘が無い件について",
         "body":"hogwhogwhogww"
      }
   ]
}

時間のあるときに,もうちょっときちんとオプションなど整理してgemにでもしようと思いますが,とりあえず使い捨てプログラムとしてはこれで十分かと思います.

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

morimorihoge

高校卒業後,学生をやりながらずっとWebアプリ開発に携わってきました.2010くらいまではPHP/Symfonyプログラマでしたが,それ以降のWeb開発はRailsほぼ一本に宗旨替えしました.開発とは別にサーバ構築・運用も10年以上やってきているので,要件定義から設計・実装・環境構築・運用まで一通り何でもこなせます.開発以外では季節により大学でWebサービス開発やプログラミング関連の非常勤講師もしており,技術の啓蒙・教育にも積極的に関わっています.最近はPM的な仕事が増えていますが,現役開発者としていつでも動ける程度にはコードもサーバも弄る日々を送っています.AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトレベル取りました

morimorihogeの書いた記事

開発
RubyのArray(配列)の使い方

2017年03月15日

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ