【参加募集】「良い設計について考える会」を2013/12/25に開催します

世は師走で年末進行の中,皆さまいかがお過ごしでしょうか?

この度BPS主催で「良い設計について考える会」を開催しますので,興味のある方はぜひお越し下さい.

概要

普段開発に携わっていると,ふと「この設計は良い設計なのだろうか?この書き方はもっと良く書けるんだろうか?」といったことを考えることがあるのではないでしょうか?
この勉強会はこうした悩みについて,一人で悩んでいてもなかなか答えが出なかったり,他の人達がどのように考えているのか知りたい!という人向けにカジュアルにディスカッションしようぜ,という会です.

メイン進行を勤めるパネラー

@babatakao:BPSでCTOを勤めるゆとりプログラマー.キーワード:Web屋、スマホアプリ、電子書籍、WebKit、ゆるい開発、C向け開発、ガジェ獣もどき
@skhrshin:フロカートワールド取締役を務めるやせいのプログラマー.キーワード:元コーエー、C++、コンシューマーゲーム開発
@morimorihoge:BPSでWebチームリーダーを務めるしゃべるプログラマー.キーワード:元プログラマー(笑)、技術営業、Web屋、フルスタック、業務システム開発

進め方(予定)

来てくれた参加者の希望を元に,あらかじめ用意されたテーマから3〜5個ほど選び,それについてざっくばらんにディスカッションしていきます.
なんとなく,以下の流れでいけたらなと思っています.

・概要の説明(5分程度)
・一般的なプラクティスの解説(5~15分程度)
-> 悪い例と改善案など具体的な話でもOK
・質疑、ディスカッション(15分~)
-> 正解が容易に定まらない、議論のタネを事前に用意しておきます

「俺にしゃべらせろ!」「ネタ持ち込みたい!」歓迎です.

ネタ候補(例)

・How to refine complicated codes into set of libraries
-> 抽象化、インターフェース設計、モジュール構成、重複排除
・バグを減らす方法(1)
-> 隠蔽しよう
・バグを減らす方法(2)
-> 予測可能性を上げよう(副作用、再入可能性、冪等性、グローバル変数はだめよ)
・オブジェクト指向で構造を綺麗にしよう
-> polymorphism, inheritance
・プロジェクトに未知の技術をどの程度取り入れるか?
-> 枯れた技術と新しい技術
-> 商用製品とOSSと自社開発
・なぜ綺麗なプログラムを書くべきなのか(上流的な観点から)
・コードを書くときに大切なこと
-> coding convension,命名、コメント、コミットログ、syntax

参加申し込み

ATNDにて登録をお願いします.

良い設計、悪い設計について議論する会のATNDページへ

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

morimorihoge

高校卒業後,学生をやりながらずっとWebアプリ開発に携わってきました.2010くらいまではPHP/Symfonyプログラマでしたが,それ以降のWeb開発はRailsほぼ一本に宗旨替えしました.開発とは別にサーバ構築・運用も10年以上やってきているので,要件定義から設計・実装・環境構築・運用まで一通り何でもこなせます.開発以外では季節により大学でWebサービス開発やプログラミング関連の非常勤講師もしており,技術の啓蒙・教育にも積極的に関わっています.最近はPM的な仕事が増えていますが,現役開発者としていつでも動ける程度にはコードもサーバも弄る日々を送っています.AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトレベル取りました

morimorihogeの書いた記事

開発
RubyのArray(配列)の使い方

2017年03月15日

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ