Vimiumを使ってブラウザ操作を快適にする

はじめに

ブラウザ操作をキー入力だけで済ませたいと思ったことはありませんか?
そんなときに便利なのが、Chrome拡張のVimiumです。

VimiumはVimライクなキーバインディングでChromeを操作できます。
簡単なブラウジング程度なら、トラックパッドやマウスを使わずにキーだけで操作できるのが魅力です。

また個人的には、手軽に導入できて、それなりにブラウジングが快適になるのも魅力の一つだと思っています。
数多くのキーバインドを記憶したり、面倒くさい設定をしたりしなくても、楽にVimiumの恩恵にあずかることができます。

この記事は「あまりカスタマイズはしたくないけどトラックパッドやマウスも極力使いたくない」という私のような方に向けて、Vimiumをゆるく使ってブラウジングを快適にする方法をご紹介します。

注: 本記事はVimiumの安全性・信頼性は保証していません。インストールはご自身の判断でお願いします。

動作環境

以下が私の環境です。ご参考までに。

  • Vimium: 1.64.6
  • Chrome: バージョン: 76.0.3809.100(Official Build) (64 ビット)
  • OS: macOS Mojave 10.14.5

インストール方法

インストールページにある[Chrome に追加]ボタンを押すだけです。
すでに書きましたが、カスタマイズは極力したくないのでインストール後は何もせずそのまま使っています。

各操作とキーバインディング

私が主に使っているVimiumのキーバインディングです。
Vimiumの全機能のうち3分の1程度も利用していないと思いますが、これだけでもそこそこ快適にブラウジングできます。

操作 キーバインディング
ページを下にスクロールする j
ページを上にスクロールする k
ページの最上部に移動する gg
ページ内リンクを現在のタブで開く f -> クリックしたいリンクのid
ページ内リンクを新規のタブで開く F -> クリックしたいリンクのid
現在のタブから右に一つタブを移動する K
現在のタブから左に一つタブを移動する J
ページを戻る H
ページを進む L
inputフィールドにフォーカスする gi
(inputフィールドが複数ある場合はtabで移動する)
現在開いている全てのタブから任意のタブを検索する T

まとめ

こうやって自分が使っているキーバインディングを並べてみると、思っていたよりも数が少なかったです。
もちろんこれだけでは、全てのブラウザ操作をキー入力だけでまかなえるようにはなっていません。
ただ、簡単にVimiumに置き換えられるところは置き換えて、面倒くさそうなところは素直に入力デバイスを使う、といういまの利用方法を個人的には気に入っています。

Vimiumは、楽に導入できて簡単にブラウジングを快適にしてくれるChrome拡張です。
この記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひ一度使ってみることをおすすめします。

参考

おたより発掘

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

ohno

新卒 Web エンジニア〜

ohnoの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ