保険加入の意義は安心です

先日記事にした保険による税金控除の記事が
幾つか誤解を招いてしまったようです。申し訳ございません。

まず、保険に加入すると貯金が増える!というわけではありません。
保険料という支出があるため、払うより払わないほうがお金は残ります。
ただ、将来的に保険に加入する意思や、その必要性があった場合に、
税金控除という方法で支出によるリスクを最小化できるということを
お伝えしたかったのです。

次に、10万円までの保険料に対しても税金を控除してもらえます。
10万円を超えないといけない、という制約はありません。
逆に超えると、控除してもらえる額は増えますが支出も増えます。
ただ、保険料が多いと解約時には利率の高い返戻金がもらえることから、
貯蓄目的で保険料を高く設定される方も大勢いるようですね。

保険というものは賃貸と同じで、
ほんの少し増額(保険料・賃料)するだけで
保険内容がグーーーンとよくなったりしますよね。
控除額がちょっぴり高い今のうちに加入しておくとお得だし
不況で銀行の利率も低いのであわせて保険は今が旬と感じています。

保険に入る理由は
自分や大切な人達の生活の保障することが第1の目的なので
ついでにお金もたまるとうれしいな、という感覚で入るのが良いと思います。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

お知らせ
社名変更のお知らせ

2019年10月01日

関連する記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ