2011年度 コラマネ 成果発表会のお知らせ

コラマネ コラボレイティブ・マネジメント型情報教育 協創型ソフトウェア開発

BPSも運営に関わっている、コラマネ(コラボレイティブ・マネジメント 競創型ソフトウェア開発)とは、全てのステークホルダーが一体となり、共創的にソフトウェアを開発するという、新しいパラダイムの開発方法論です。従来型のソフトウェア開発プロセスに一石を投じ、次世代のソフトウェア開発者を育成することを目指しています。

この考えに基づき、慶應義塾大学SFCで実施している「協創型ソフトウェア開発」の授業では、Project Based Learning(PBL)を通し「ものづくり」と「ことづくり」を経験できる、体験型の授業を行っています。昨年度まで、大岩先生、松澤先生がご担当されていたものを、私(中鉢)と岡田が引き継ぎまして担当しております。

さて、例年同様、今年も成果発表会を開催いたします。今年は3つのプロジェクトが発表をおこないます.この授業は、産学連携で行っておりますので、学生と社会人とのコラボレーションの成果をぜひご覧いただければ幸いです.

  • 日付: 2012/2/24(金)
  • 時間: 15:00-(14:30開場)
  • 会場: 西校舎3階 533教室(収容人数:516人)
  • 地図: 三田キャンパス案内(http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
  • 懇親会: 18:30-

当日の詳細なスケジュール,懇親会のお知らせ等につきましてはこちらをご覧ください(恐れ入りますが「いいね」ボタンを押して頂き、本プロジェクトの広報にご協力ください)。

コラボレイティブマネジメントのご紹介ページ

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ