資格手当、始めます。MAX100万円!もちろん昇給もあり。大切なのは成長し続けられる習慣作りです。

開発エリア

新人が増えて、ようやく全員が練習課題を終えようとしてます。
これが終わるとOJTの始まりです。
実務をとおしての成長曲線は今までと比較にならないくらい良いはず。
開発室全体が活気づいて来ました。
練習課題は今週までなので新人さんは先週より緊張している様子です。

ただ、OJTが始まり実務に追われると勉強がおろそかになりますよね。
プロ野球選手が試合以外で練習するのと同じで我々も日々勉強です。
毎日試合があればそれ以上の練習はないかもしれませんが。

資格手当

そこで、かねてから導入したかった資格手当、始めます。
支給金額は、一時金で10万~100万円。
資格を得る実力があれば当然月給もあがります。
一時金はあくまでも動機づけです。

大切なのは成長し続けられる習慣作りです。
資格手当は第1チェックポイントです。
勉強に慣れていない人は、これを機に慣れてもらいます。
まずは知識と経験です。

次に専門知識とリーダーシップです。
第2チェックポイントはは何倍もすごいですよ。
乞うご期待。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ