MangaRebornの新機能を一部紹介しまっす

横田卓馬先生の奥様と一緒に、MangaRebornでの作家ページを模索しています。

横田卓馬 個人ページ Ver1

作家の魅力を作品以外でも表現できるように。
集まったユーザにリーチできるように。
ファンになってくれた方に改めてアプローチできるように。

自分のホームページを管理画面からカスタマイズできるようになります。

横田卓馬 個人ページ Ver2

また

月刊ヤングマガジンで連載している戦闘破壊学園ダンゲロス
の単行本が6月6日に発売されます。

みんな応援してくださいね。

横田先生はどんどん有名になっていきますが、そのぶん、
毎日必死に仕事に、夢を追いかけることに、ストイックなほどまでに没頭してます。
奥様も毎日めちゃくちゃ忙しそうに走り回ってます。

逆に僕はというと、まだ何も実現できてません。悔しいですね。
でも、焦ることはない。今持っているものを大事にすることからはじめるべきですね。

挑戦しないとチャンスが逃げていきそうで恐怖さえ感じていた時期もありましたが
最近は、実現したいことを追い求める過程で自然とチャンスが巡ってきている気します。

自分を過大評価せずできることからコツコツやっていくしか・・・!

漫画を漫画投稿サイトに投稿してから、売却するために同人誌にしても問題ないのでしょうか?

漫画を趣味で描いて漫画投稿サイトに投稿するようなことも多いと思います。
漫画を漫画投稿サイトに投稿してから、売却するために同人誌にしても問題ないのでしょうか?
漫画投稿サイトの規約によっても違いますが、基本的に自分が漫画を描いて投稿したものを同人誌にすることは問題ありません。
しかしながら、無料で公開されているような漫画を同人誌にしても、買ってくれる人は多くないため、新しい漫画も追加しないと買ってくれない可能性があります。
また、勝手に他の人の漫画を同人誌にしているのではなく、本当に本人であるということを証明するために、漫画投稿サイトに同人誌にしますということを記載することがおすすめでしょう。
また、漫画投稿サイトは営利目的に使うことを禁じるというような規則がありますが、どのような内容なのでしょうか?
まず、他の人のイラストなどを、CG集のようにして有料で勝手に販売するのは当然禁止されています。
商業サイトへ、商用漫画の宣伝のためにリンクを貼る場合も十分に検討しましょう。
「同人誌をイベントで出します」というようなことが違反でないのは、基本的に自分が関係した漫画に関しての情報の告知であるため、個人利用の取り扱いになるからなのです。

漫画投稿サイトでは、漫画を製作するためにいろいろなものが揃っています

漫画投稿サイトでは、漫画を製作するためにいろいろなものが揃っています。
漫画投稿サイトでは、全ての漫画製作のプロセスをサポートしています。
漫画製作の準備の段階から完成した漫画の出力など、漫画を製作する場合に必要な全てのプロセスをカバーしています。
そのため、はじめてという場合でも、動画によるガイドや初めての方のためのインターフェースで、心配することなく漫画の製作をすすめることができます。
漫画投稿サイトでは、画材を豊富に持っており、漫画製作をサポートしています。
用途に応じて選択することができるいろいろなペン先というのは、手ブレ補正や形状などを調整して、カスタマイズを自分が好みに行うことができます。
また、人気の有名なトーン会社の人気トーンなど、いろいろな種類の多くのトーンがあります。
漫画投稿サイトでは、表現する幅を拡大する、いろいろな機能を持っています。
簡単に流線や集中線を作ることができるフィルタや、正確に放物線や平行線を描くことができる定規で、簡単に効果線が描けるほか、読み込んだ3Dデータや写真をトーンと線画に変換することができる3DLT/2DLTの機能など、漫画をイメージした通りに製作できる機能を持っています。

漫画投稿サイトに投稿した漫画の著作権、知的財産権についてご紹介しましょう

漫画投稿サイトに投稿した漫画の著作権、知的財産権についてご紹介しましょう。
投稿した漫画データの著作権については、漫画を投稿した人に帰属します。
漫画投稿サイトに投稿した全てのテキストデータ、画像データの漫画データについては、利用者がお互いに閲覧、認識できるように漫画投稿サイトでの閲覧、表示することを承知したものとします。
投稿する場合は漫画投稿データが次に示すような内容のものである時は、投稿しないようにしましょう。
また、次に示すような内容の漫画が投稿された時は、漫画投稿サイトの判断によって公開を中止、登録した漫画データを削除することがあります。
さらに、次に示すような内容の漫画データが投稿され、それによって生じてくる全ての問題や被害については投稿者自身が自らの責任と費用でもって解決を図るものとします。

  • オリジナルの漫画ではないもの、あるいは他の人の著作権を侵害する可能性のある漫画。
  • 18歳未満禁止というようなアダルト的な内容を含んでいる漫画。
  • 他の人へ不快感を与える漫画。
  • 名誉毀損、中傷する恐れのある漫画。
  • 差別のある漫画。

漫画投稿サイトに漫画を投稿する場合には、このようなことに十分注意しましょう。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ