ブックフェアのブース設営業者のビジネス・アートさんと打ち合わせしました

50500_Page_1

本日ブース設営業者のビジネス・アートさんと打ち合わせをしました。
業者さん曰く、狭いブースを目立って洗練された感じに作るには、ある程度鉄板のカタチがあるようです。
(奥行きを浅く使い、L字型に陳列テーブル配置)

装飾例

大体のサイズも作ってもらえました。ただし、手書きで、
コレを図面に起こしてもらうと別料金かかるので、社内でイラレでやることになりそうです。

検討項目としては、

  • 壁紙等、ベースとなる色
  • 持ち込む機材と電力量(ワット)

など細々したものになりそうです。

決めていけばけっこうサクサク進むのですね。
さすがプロ・・・!

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ