[読書] コピーキャット模倣者こそがイノベーションを起こす(オーデッド シェンカー)

コピーキャット 模倣者こそがイノベーションを起こす

オーデッド シェンカーさんの
コピーキャット
模倣者こそがイノベーションを起こす
を読んでみました。

いいアイデアのヒントを業種・業界・年代のことなる人から得られるのはもはや当たり前ですよね。
ちっぽけな自分が思いつく範囲や気づける範囲なんてたかが知れてますもの。
だからこそ自分より何倍も優秀な人に囲まれる状況をつくることに必死になるわけです。
社内でも、社外でも。

ぼくらが使うソフトウェアやソフトウェア開発の手法だって
先達者がまとめてくれたものにそって使ってるわけです。
とまあそんなことをよくよく考えながら生きてきたからか、
コンセプチュアルなところで新しい発見はなかったのは少し残念でした。

世の中の成長企業がいかに先達者から多くのアイデアや知見をもらって成功しているか
のデータはよくまとまった本だと思います。
「新しい」に固執せず、
結果として「新しい」を目指したほうがいいんだろうなあ、
と思う今日このごろ。

コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす

著者/訳者:オーデッド シェンカー

出版社:東洋経済新報社( 2013-02-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,944

単行本 ( 253 ページ )

ISBN-10 : 4492533214

ISBN-13 : 9784492533215


Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ