部屋の照明をLEDにしてみた

部屋のシーリング照明が壊れました。

ディスプレイとルーターのLEDが頼りの生活は、あまり目に優しくないので、ちゃんとなおしましょう。
せっかくなので、流行りのLEDシーリングにしてみました。ヨドバシで13000円程度。蛍光灯1回交換すれば、まあ価格的には釣り合うレベルまで安くなってきました。

LEDがたくさん!

LEDがたくさん!

↑の写真は、カバーを外したものです。
普段からこんなつぶつぶ見えているわけではありません。

これが、壊れた旧型のシーリング本体です。
ここ数年で3部屋壊れたので、寿命はそんなものなんですかね?電源ユニット周りが怪しく、それ以降の回路に一切通電されていません。

旧型のシーリング

こういうやつが天井についていれば、シーリング買ってきてカチッとすれば良いだけなんですが、あいにく我が家は天井直付けなので、先にローゼット自体を設置します。

引掛ローゼット

とりあえず、電気工事になるので免状を探してきます。

電気工事士免状

そして、安全のためブレーカーを落とします。
自室にはサーバやルータがあるので、事前に家族にサーバ停止のアナウンスをするのを忘れずに。

準備ができたら、古いシーリングを徐ろに取り外します。
写真には金属の金具が写っていますが、これも外します。寸法合いません。

外した

で、引掛ローゼットを天井にねじ止めします。
良い工具が無いので、腕がつります。汗だくです。今日が涼しくて、本当に良かった。

これがすんだらあとは簡単。
まずはアダプタをぐりっとはめます。

アダプタを取り付けた

本体をカチッとはめます。

カチッとな

完成。ブレーカーを入れて通電してみましょう。
カバーを掛けたら、普通の照明です。使い勝手は特に変わりません。電源入れてつくのは、多少早いくらいです。
明るさの他、色を暖色~寒色に調整できるのが面白いですね。

カバーをかけると普通の照明

明るさや色温度は測定していませんが、たぶん同価格帯の蛍光管のほうが両方優れていそうです。
ただ、当分交換がいらないのと、多分電気代が安いのと、LEDがたくさんあって胸が躍るので、良いんじゃ無いでしょうか。
ただ、色温度が安定しなさすぎて、ディスプレイのキャリブレーションがめんどくさそうです。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。得意分野はWeb全般、Ruby on Rails、Androidアプリケーションなど。最近はBlinkと格闘中。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(高度10区分)などを保有。

babaの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ