週刊Railsウォッチ(20180202)Rails 5.2.0 RC1と5.1.5.rc1リリース、Rails 6開発開始、メソッド絵文字化gemほか

こんにちは、hachi8833です。生まれて初めて皆既月食をじかに見ました。

2月最初のウォッチ、いってみましょう。

つっつき中に録音ボタンを押し忘れてしまったので、今回のつっつき成分はいつもより少なめです🙇。

臨時ニュース

Rails 5.2.0 RC1と5.1.5.rc1リリースとRails 6開発開始

立て続けのリリースです。RC版の表記が「RC」と「.rc」の2とおりなのが妙に気になりました。

Rails 5.2.0 RC1リリース

最終版は2月中に出したい意向だそうです。

最初のRails 5.2リリースから2か月の間、最初のRCのためにあらゆる方法で改良・調整を行ってきました。

今回の目玉機能として、Active Storageフレームワークをdeeper content-type identificationで拡張するなど多くの改良が行われました。Active StorageはBasecampなどでさらに数か月production環境での試練を重ねてきました。すぐに使える堅固なフレームワークです。

5.2ベータでは他にも改良を行いました。高速なフィクスチャー読み込みActive Job discard時のエラーハンドリングのカスタマイズActive Recordクエリでアクセス元サイトをログに出力する機能などです。Railsは止まりません!

リリースも間近になりました。Rails 5.2ベータは既にBasecampなど多くのサイトで数か月間productionで動作しています。次のRCまたは最終リリースの目標は、今後のissue次第ですが、2月末までとなります。今回はRCなので、既にrails/masterブランチをrails/5-2-stableに移行し、rails/masterはRails 6.0の開発に充てられています。

Ruby on Railsを支えてくれている皆さまに改めて感謝します。
プレスリリースの冒頭を抄訳

Rails 6ブランチ登場↓

Rails 5.1.5.rc1リリース

バグ修正です。変更があったのは以下です。

Rails 5.2ミニチュートリアル: 新機能とActive Storageの詳細(RubyFlowより)


evilmartians.comより

早くもRails 5.2のまとめ記事が出ています。来週翻訳いたします。

Rails: 今週の改修

公式は少なめで、3つのうち2つが上のDHHのプレスリリースにも含まれています。

フィクスチャ挿入時のマルチステートメントクエリをサポートして高速化、insert_fixturesは非推奨に

eachで回さなくても引数でbuild_sqlに渡せるようになりました。

  # 従来
  %w(authors dogs computers).each do |table|
    sql = build_sql(table)
    connection.query(sql)
  end

  # 変更後
  sql = build_sql(authors, dogs, computers)
  connection.query(sql)

ActiveRecordのdiscard_onがブロックを取れるようになった

# activejob/lib/active_job/exceptions.rb
       def discard_on(exception)
         rescue_from exception do |error|
-          logger.error "Discarded #{self.class} due to a #{exception}. The original exception was #{error.cause.inspect}."
+          if block_given?
+            yield self, exception
+          else
+            logger.error "Discarded #{self.class} due to a #{exception}. The original exception was #{error.cause.inspect}."
+          end
         end
       end

ActiveRecordクエリでメソッド呼び出し元の位置をdevelopmentログに出力

以下のようにapp/models/version.rb:247:in 'downloads_count'などと出力されます。

Started GET "/news/popular" for ::1 at 2016-10-19 00:57:48 +0200
Processing by NewsController#popular as HTML
  Version Load (57.3ms)  SELECT  "versions".* FROM "versions" INNER JOIN "rubygems" ON "rubygems"."id" = "versions"."rubygem_id" LEFT OUTER JOIN "gem_downloads" ON "gem_downloads"."rubygem_id" = "rubygems"."id" AND "gem_downloads"."version_id" = $1 WHERE ("versions"."created_at" BETWEEN '2016-10-11 22:57:48.145796' AND '2016-10-18 22:57:48.145965') AND "versions"."indexed" = $2  ORDER BY gem_downloads.count DESC, "versions"."created_at" DESC LIMIT 10 OFFSET 0  [["version_id", 0], ["indexed", "t"]]
  ↳ app/views/news/show.html.erb:9:in `_app_views_news_show_html_erb___2784629296874387000_70222193538980'
  Rubygem Load (0.4ms)  SELECT  "rubygems".* FROM "rubygems" WHERE "rubygems"."id" = $1 LIMIT 1  [["id", 19969]]
  ↳ app/views/news/_version.html.erb:1:in `_app_views_news__version_html_erb__2744651331114605013_70222191156360'
  Version Load (0.8ms)  SELECT  "versions".* FROM "versions" WHERE "versions"."rubygem_id" = $1 AND "versions"."latest" = $2  ORDER BY "versions"."position" ASC LIMIT 1  [["rubygem_id", 19969], ["latest", "t"]]
  ↳ app/helpers/application_helper.rb:23:in `gem_info'
  GemDownload Load (0.3ms)  SELECT  "gem_downloads".* FROM "gem_downloads" WHERE "gem_downloads"."version_id" = $1 AND "gem_downloads"."rubygem_id" = $2 LIMIT 1  [["version_id", 882133], ["rubygem_id", 19969]]
  ↳ app/models/version.rb:247:in `downloads_count'

つっつきボイス:activerecord_cause gem要らなくなったか…と思ったら昨年末のウォッチで#26815扱ってた」「いい機能!」

PostgreSQL外部テーブルをサポート

# activerecord/lib/active_record/connection_adapters/postgresql/schema_statements.rb#530
+        def foreign_tables
+          query_values(data_source_sql(type: "FOREIGN TABLE"), "SCHEMA")
+        end
+
+        def foreign_table_exists?(table_name)
+          query_values(data_source_sql(table_name, type: "FOREIGN TABLE"), "SCHEMA").any? if table_name.present?
+        end

参考: 9.3で進化した外部テーブル — スライド

Rails

Rails + PostgreSQLでマルチテナントジョブキューを構築

ジョブキューのソリューションが乱立する中、PostgreSQLでやってみたそうです。

Passenger 5.2.0リリース: 非互換の変更あり


phusion.nlより

  • Ruby 2.5.0に対応
  • Apache integrationモードでPassengerResolveSymlinksInDocumentRootなどを廃止
  • 設定オプションのリファクタリング: あいまいな設定名の修正や設定の自動化など
  • etc.

EXTRACT関数を使って日付をうまく扱う(RubyFlowより)

# 同記事より
Order.where("EXTRACT(year FROM created_at) = EXTRACT(year FROM now())")

つっつきボイス: 「Karolさんの記事はいい感じのが多くて好きです」「EXTRACTは某案件で使ったことあるけど、whereEXTRACTしてるのか」「これインデックス効くんだろうか?と思ったら文中にも書いてあった↓: functional index作っとけって」

And the great thing is that you can also create a functional index for EXTRACT(year FROM created_at) to avoid sequential scanning and get much better performance.
同記事より

条件節をいい感じの名前のメソッドに切り出す(RubyFlowより)

# 同記事より
  def good?
    clean? && local? && excellent_coffee?
  end

  private

  def clean?
    !filthy?
  end
...
  def filthy?
    @name == 'Barry’s Caff'
  end

つっつきボイス: 「Andy Crollさんの記事はきっちりテンプレ化されてますね」「リファクタリングはわかるけど、filthy(不潔な)とか'Barry’s Caff'ってスゴいですね」「清潔とは『不潔じゃない』こと」

Tully’s Coffeeのもじりかもと思えてきました。

PowをPumaに切り替えた話(RubyFlowより)


つっつきボイス: 「Rails始めた頃、深く考えずにサーバーをPowとかthinとか取っ替え引っ替えしてました」「PowってMac専用なんですね」

Rails 5.2の例のCurrent


つっつきボイス: 「記事を引用いただいてうれしい: ありがとうございます」

localer: i18nの翻訳漏れを検出するgem

非常に新しいgemですが、Evil Martiansがスポンサーになっていますね。

  • 訳が抜けているymlの検出(パスの指定も可能)
$ localer check /path/to/rails/application
  • 特定のlocale/語のキーをオフにする
Locale:
  EN:
    Exclude:
      - /population\z/
      - .countries.france
  • CI統合
# .travis.yml

# other configuration options
script:
  - bundle exec bundle-audit
  - bundle exec rubocop
  - bundle exec rspec
  - bundle exec localer

i18n_generators: localeのyamlを自動生成&訳語追加

amatsudaさんによる有名なgemですが一応。Rails 5.1にも対応しています。


同リポジトリより

% rails g i18n_translation ja (de-AT, pt-BR, etc.)
# config/locales/translation_ja.ymlが生成される

つっつきボイス: 「これって自動翻訳までしてくれるのかな?」

調べてみると、2012年にはQiitaに「残念ながら現状は翻訳が全く行われない状態になってしまっています」とありましたが、手元でインストールしてrails g i18n_translation jaを実行してみたら見事自動翻訳できました。先のlocalerと合わせるとさらによさそうですね。

なお類似のhaml-i18n-extractorというローカライズ文字列抽出用gemも見つけたのですが、こちらは数年以上更新がありません。

その他Rails小物記事

Ruby trunkより

メソッド参照のシンタックスシュガーが欲しい(継続)

この間ウォッチで取り上げたyield_self is more awesome than you could thinkでこれに言及していました。method(:メソッド名)をJava 8みたいに簡潔に書けるようにしたいそうです。

#13581より
map(&Math->sqrt) (and just each(&->puts) probably?) -- Matz is explicitly against it;
map(&Math\.sqrt) (not sure about puts);
map(&Math.m(:sqrt)), each(&m(:puts)) (just shortening, no language syntax change)
map(&Math.:sqrt), each(&.:puts)
map(&Math:sqrt), each(&self:puts)
map(&Math#sqrt), each(&#puts) (it was my proposal, "just how it looks in docs", but I should reconsider: in docs it is Math::sqrt, in fact)
map(&Math:::sqrt), each(&:::puts)
map(&~>(:sqrt, Math)), each(&~>(:puts))
several by @Papierkorb:
map(&Math.>sqrt), each(&.>puts) (nobu (Nobuyoshi Nakada): conflicts with existing syntax)
map(&Math<sqrt>), each(&<puts>) (nobu (Nobuyoshi Nakada): conflicts with existing syntax)
map(&Math&>sqrt), each(&&>puts)
map(&Math|>sqrt), each(&|>puts) (too confusable with Elixir-like pipe, probably)

まだまだ続きそうな雰囲気です。


つっつきボイス: 「おーJava 8とな」「ASCIIに記号足りないですね」「ファットアロー=>の出番かな(ぶつかる)」「記号増やすとパーサーいじらないといけないから面倒」「Gobyならパーサーいじるのそんなに大変じゃないっす」

Java 8では::を使うそうです。

参考: java8 メソッド参照

URI#secure?が欲しい(継続)

uri.instance_of?(URI::HTTPS)
url.secure? # 上をこう書けたらいいな

2.3/2.4でメモリリーク(修正済み)

require 'pathname'

puts Process.pid

puts ARGV[0]
(ARGV[0] || 1).to_i.times { $LOAD_PATH.unshift(Pathname.new(__dir__) ) }

dot      = "."
filename = "ostruct"
1000.times { 1000.times { require filename }; print dot; GC.start; }

STDOUT.puts "exit?"
STDIN.gets
1 74.6 MB
2 149.5 MB
3 214 MB
4 290 MB
5 353.6 MB
9 575.4 MB
10 650.6 MB

Ruby

Reduxのストアを理解するためにRubyでちょっと再実装してみた

# 同記事より
class ReduxStore
  attr_reader :current_state

  def initialize(reducer)
    @reducer = reducer
    @listeners = []
    @current_state = nil
    dispatch({})
  end

  def dispatch(action)
    @current_state = @reducer.call(@current_state, action)
    @listeners.each { |l| l.call }
  end

  def subscribe(listener)
    @listeners.push(listener)
    ->{ @listeners.delete(listener) }
  end
end

参考: ReduxのAction、Reducer、Storeの(個人的な)整理メモ

RubyプロセスのメモリアロケーションをeBPFで調べる

著者のJulian Evansさんはrbspyというツールをつい最近公開してたちまち★900超えです。Noah Gibbs氏も絶賛。


つっつきボイス: 「eBPFはBPF(Berkeley Packet Filter)の拡張版か」「この人は後述のMacのカーネルバグを見つけた人」「レベル高い…」

参考: LinuxのBPF : (3) eBPFの基礎

abstriker: Rubyで抽象クラスを使うgem

# リポジトリより
class A1
  extend Abstriker

  abstract def foo
  end
end

class A3 < A1
  def foo
  end
end # => OK

class A2 < A1
end # => raise

Class.new(A1) do
end # => raise

つっつきボイス: 「Rubyでabstract!」「上位クラスでメソッドが宣言されてなかったらraiseするのか」「abstractの引数に埋まってるシンボルを取り出して探索してるみたいです」「Rubyだとコンパイル時に発見できないから実行しないと出ないですけどね」「マジック使わないとできないんでしょうね」「これは実装大変そう…」

Kiba: Ruby向けデータ処理&ETLライブラリ


kiba-etl.orgより

# Wikiより
job = Kiba.parse do
  source MySource
  transform MyFirstTransform
  transform { |r| r.merge(extra_field: 10) }
  destination MyDestination
end

Kiba.run(job)

つっつきボイス: 「Kibaって牙なのか(木場ジャナカッタ)」「まだ使い道がよくわからないけど、何かに使えそうな気がします」

参考: Wikipedia-ja Extract/Transform/Load(ETL)

rucc: Rubyで書かれたCコンパイラ

$ rucc -c hello.c
$ ls
hello.c  hello.o

つっつきボイス: 「何て読むのかな」「るーしーしー?」

Rubyのシンボルその後

Rubyのテスト環境

今年のRubyKaigi会場

こちらだそうです。

SQL

PostgreSQLでVACUUMしていいとき/いけないとき(Postgres Weeklyより)


つっつきボイス: 「VACUUMときたらPostgreSQL: 他では見かけない用語ですね」

参考: PostgreSQL 9.4.5 VACUUM
参考: PostgreSQL の VACUUM をなんとなくでするのはやめよう

PostgreSQLのストアドプロシージャ記事2本(Postgres Weeklyより)


つっつきボイス: 「ストアドプロシージャはORMフレームワークとかと相性悪いのでWebの人は知らなかったりするかも: 好きではないけど触ったことぐらいはある」「Railsでマイグレーションするときとかに困りそう」

ネットワーク設定のミスでテーブルが肥大化(Postgres Weeklyより)

PostgreSQL起動前にIPv6を殺すことで修正できたそうです。先週ご紹介したPostgreSQL設定ツールのCyberTecのブログです。


pgconfigurator.cybertec.atより

JavaScript

jQuery 3.3.0登場-> 3.3.1修正リリース

3.3.0に不足していたdependencyを3.3.1で追加したそうです。

参考: jQuery 3.3登場、約1年ぶりのアップデート。新機能も追加

今人気のJavaScriptリポジトリ

一番人気はFacebookのcreate-react-appでした。


同リポジトリより

JavaScriptエラートップテンと回避方法


同記事より

AutoprefixerからPostCSSへ


同記事より


つっつきボイス: 「ちょっと前に翻訳したWebpack記事↓にもPostCSSが登場してたけど、位置づけがよくわかってなかった」「PostCSSはJS版Sass的なやつ」「あ、Rubyに依存しないのか」
PostCSSの作者はロシア人だそうで、だからこのロシア正教っぽい画像↑なのかな」

新しいRailsフロントエンド開発(1)Asset PipelineからWebpackへ(翻訳)

CSS/HTML/フロントエンド

不適切に発行されたメジャーな証明書がChrome/Firefoxで順次無効になる


同記事より


つっつきボイス: 「これねー」「気が重い…」

参考: 世界30%のSSL証明書が3月と10月に強制無効化!? あなたのサイトが大丈夫か確認する3ステップ

GitHubの「草」をカスタマイズしてみた(Frontend Focusより)

See the Pen GitHub Contribution Graph in CSS Grid Layout by Ire Aderinokun (@ire) on CodePen.

同記事より

Variable Font記事2本(Frontend Focusより)

html {
  font-family: 'SourceSans' sans-serif;
  font-weight: 400;
}

@supports (font-variation-settings: "wght" 400) {
  html {
    font-family: 'SourceSansVariable', sans-serif;
    font-variation-settings: "wght" 400;
  }
}


webdesign.tutsplus.comより


つっつきボイス: 「1つのフォントでいろんな書体を使えるんですね」「日本語だとあまり要らなさそうだけどアルファベット文化圏では欲しいやつかも」

参考: Variable Fontについて

フロントエンドは複雑になる宿命(Frontend Focusより)


同記事より

Indexed Database APIの2.0が公開(Frontend Focusより)

// w3.orgより
var tx = db.transaction("books", "readwrite");
var store = tx.objectStore("books");

store.put({title: "Quarry Memories", author: "Fred", isbn: 123456});
store.put({title: "Water Buffaloes", author: "Fred", isbn: 234567});
store.put({title: "Bedrock Nights", author: "Barney", isbn: 345678});

tx.oncomplete = function() {
  // All requests have succeeded and the transaction has committed.
};

参考: MDN IndexedDB

IndexedDB は SQL ベースの RDBMS に似たトランザクショナルデータベースシステムですが、SQL ベース の RDBMS が固定された列を持つテーブルを使用するのに対して、IndexedDB は JavaScript ベースのオブジェクト指向データベースです。IndexedDB では、キーでインデックス付けされたオブジェクトを保存および取り出すことができます。Structured Clone アルゴリズムがサポートする、任意のオブジェクトを保存できます。データベースのスキーマを定義する、データベースへの接続を確立する、そして一連のトランザクションでデータの取り出しや更新を行うことが必要です。
developer.mozilla.orgより

その他

開発者が死守すべき最低限のエチケット(Frontend Focusより)


同記事より

  • インデントをちゃんとつける
  • ファイル配置はディレクトリで構造化する
  • 必要なコメントを書く
  • ドキュメントを書く
  • fooとかbarとか使うな
  • 意味不明なファイル名を使わない
  • 大文字小文字の区別(capitalization)をきちんと行う
  • DRYを心がける

書籍『[試して理解]Linuxのしくみ ~実験と図解で学ぶOSとハードウェアの基礎知識』予約開始

ドラフト: Javaにraw string literalを追加

Rubyのヒアドキュメント的な書き方ができるようになるそうです。

// 従来
String html = "<html>\n" +
              "    <body>\n" +
              "         <p>Hello World.</p>\n" +
              "    </body>\n" +
              "</html>\n";
// 案
String html = `<html>
                   <body>
                       <p>Hello World.</p>
                   </body>
               </html>
              `;

つっつきボイス: 「そうそう、これJavaで辛かった」「Rubyのヒアドキュメントってあまり使わなかったけど実はいいヤツなんですね」

CoreOSがRed Hat傘下に


つっつきボイス: 「これワンピースじゃないっすかw」「ああ、ワタイにわからんネタでした」「k8sって?」「Kubernetesか」

macOSでカーネルバグを見つけた

原因は不明ですが、execとtask_for_pidの間でsleepさせることで回避できるそうです。

参考: 17行のCコードでMacのシステム全体をフリーズさせられることが出来る不具合がmacOS High Sierraで確認される。

BSDは死につつある?

以下のyomoyomoさんの紹介を見るのが早いです。

参考: BSDは死につつある? 一部のセキュリティ研究者はそう考えている

TSL 1.1の廃止が延期に

参考: SSL3.0, TLS1.0~1.2の微妙な違いのまとめ

日本の改元、間が悪そう

Unicode 12のリリースが今年の2月なので、元号文字の追加はへたすると2020年のUnicode 13までかかるかもです。

おまいらの出会った最悪のコーディング文化を晒すスレ

開くたびに増えてます。

Goで書いたコードがヒープ割り当てになるかを確認する方法

この記事で絶賛されているAllocation Efficiency in High-Performance Go Servicesという記事がとても濃厚です。

番外

active_emoji: Rubyの主要メソッドを絵文字化するgem

# 同リポジトリより
class Array
  alias ⏪  <<
  alias 🈴 concat
  alias 💧 drop
  alias 🔁 each
  alias 🈳❓ empty?
  alias 🍀 sample
  alias 🎲 sample
  alias ♻️ shuffle
  alias 👈 push
  alias 🍕 slice
end

class Object
  alias ⛄️❓ frozen?
  alias ❄️❓ frozen?
  alias ⛄️ freeze
  alias ❄️ freeze
  alias :"#️⃣" hash
  alias 🔬 inspect
  alias 🆔 object_id
  alias 🚰 tap
end

module Kernel
  alias 🆚 <=>
  alias 📎 binding
  alias 🔲❓ block_given?
  alias 📥 gets
  alias 🔁 loop
  alias 📠 print
  alias 📤 puts
  alias 🎰 rand
  alias 👻 singleton_class
  alias 💤 sleep
  alias 💻 system
  alias ⚠️ warn
  def 🔟; 10 end
  def 💯; 100 end
end

class String
  alias ⏪  <<
  alias ✖️ *
  alias ➕ +
  alias 🔪 chop
  alias 🔪❗️ chop!
  alias 🔡 downcase
  alias 🔡❗️ downcase!
  alias 🈳❓ empty?
  alias 🍌 split
  alias 🔠 upcase
  alias 🔠❗️ upcase!
  alias 📏 length
end


同リポジトリより


つっつきボイス: 「完璧にお遊びっすね」「こ、これはw」「何だかファイトが湧いてくるちきしょう、今夜読み解いてやる」「バナナ🍌が何でsplit?」「バナナスプリットってデザートありますね」「🔁🍕がeach_sliceとか」「🔁がeachというのはちょっとー」

タイポ

/* dixyes/mianwrapperより */
#define mian main
#define ture true

つっつきボイス: 「やめて~」

ミトコンドリア


今週は以上です。

バックナンバー(2018年度)

週刊Railsウォッチ(20180126)Bootstrap 4登場でbootstrap_form gemが対応、PostgreSQLやnginxの設定ファイル生成サービスほか

今週の主なニュースソース

ソースの表記されていない項目は独自ルート(TwitterやRSSなど)です。

Rails公式ニュース

RubyFlow

160928_1638_XvIP4h

Postgres Weekly

postgres_weekly_banner

Frontend Focus

frontendfocus_banner_captured

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の半分ほど、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れてそれぞれ一部を翻訳。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好き。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ