RubyWorld Conference 2019にスポンサー登録しました

morimorihogeです。台風の夏が過ぎ、秋めいてきましたね。

さて、TechRachoを運営するBPS株式会社は、今年のRubyWorld Conference 2019のSilver Sponsorに登録させていただきました。

2016年以来のスポンサー登録となり、僕自身も3年ぶりの参加となります。

会場には弊社パンフを始め、弊社の運営サービスである入退室管理システム:入退くん業務日報・稼働集計システム日報くん、縦書きEPUBビューア超縦書などのパンフレットを出展しておりますので、もしよろしければお持ち帰りください。

※カンファレンス参加しないけど資料見せて、という方はぜひお問い合わせください

BPS株式会社とコンタクトを取りたい方へ

今回弊社からは僕が参加予定となりますので、会期中などお仕事や採用のご相談など承ります。
Twitterにて@morimorihogeまでmention頂ければ時間の合う限り対応させていただきます。

※レセプションやオフィシャル二次会には参加しておりますので、そこで声をかけていただくのでももちろんOKです

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

morimorihoge

高校卒業後,学生をやりながらずっとWebアプリ開発に携わってきました.2010くらいまではPHP/Symfonyプログラマでしたが,それ以降のWeb開発はRailsほぼ一本に宗旨替えしました.開発とは別にサーバ構築・運用も10年以上やってきているので,要件定義から設計・実装・環境構築・運用まで一通り何でもこなせます.開発以外では季節により大学でWebサービス開発やプログラミング関連の非常勤講師もしており,技術の啓蒙・教育にも積極的に関わっています.最近はPM的な仕事が増えていますが,現役開発者としていつでも動ける程度にはコードもサーバも弄る日々を送っています.AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトレベル取りました

morimorihogeの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ