上を見上げる理由

ベストセラーを幾つも執筆されている安田佳生氏の書籍
「嘘つきは社長の始まり」にはこのような考えが記されていました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
上を見てもきりがない
上を見ると不安になって不幸せになる
下を見るといくらでもいる
下を見ることで幸せになれる
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

異なる考え・価値観を持つ人の文章は面白いですね。

書籍の内容の75%には同意できませんでしたが、
こういう考え方・生き方もあるんだなと関心するところは多かったです。

特に20代の人には、考え方が新しいような古いような、
それでいて受け止めやすい内容なのでお勧め致します。

[tmkm-amazon]4763184652[/tmkm-amazon]

今は新選組リアンというグループの歌詞にもなっているようですが
以前島田紳助行列のできる法律相談所で話していた言葉が
今でも凄く心に残っています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
七十%の自信が 勇気をくれるねん
そんでな三十%の不安が 努力をくれるねん
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

前を向いて日々努力を重ねていくことは、
小さな幸せを積み上げていくために不可欠です。
そして人間は、相対評価で自信と不安の両方を得ます。

自分よりもデキル人を見て不安になり、
自分よりもデキナイ人をみて自信をつけます。

安田氏とは若干異なりますが、
大事なのは相対評価を客観的に見つめるところなのだと、私は思います。

タイトルが面白くてついつい購入してしまいました。
社内で読んでいると見られる度に突っ込みを受けます。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

お知らせ
社名変更のお知らせ

2019年10月01日

関連する記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ