Macbook Airで開発環境を構築してみました

すこし開発から離れてたのでちょいちょい再開してみようと思います。

  • わからなくなるとお客様に説明できなくなるし
  • 最新技術やトレンドを把握しているほうが業務改善しやすいし
  • 何よりも楽しいから

いつのまにか会社の開発ツールや方針などもかわっていて、
開発環境構築から始めないと、です。
まずは共同開発できるようにGITのインストールから。
ちょいと前に流行って今では主流?の分散型バージョン管理システムです。

現状

  • GIT使ったことない、新しい、ということ以外あまりわかってない
  • これまでWindowsで開発してきた、Macはほぼ初心者
  • SVNを使って共同開発したことはある
  • 現在の環境は、MacBook Air、Lion
  • わくわくしてます

開発ソフトウェアをインストールしていくソフトウェアがまず必要なようです。

  • MacPorts:カスタマイズしやすいけどインストールが面倒そう
  • Homebrew:簡単にインストールできるけどカスタマイズしにくい

という選択肢があるようです。

Homebrewが間違いなさそうですね。
カスタマイズは基本を理解してからにします。
周りも、Pさん(私)はそっちにしておけって言ってる。
何やら複雑な心境です。

HomebrewのHPはこちら。英語だらけだけど気にする必要なし。
http://mxcl.github.com/homebrew/

Install Homebrew Today! (すぐにインストールする)をクリックするとこちらのページに飛びます。
https://github.com/mxcl/homebrew/wiki/installation

たぶん、重要なのはこれだけ。

インストール方法と必要な環境

インストール方法と必要な環境

ターミナルに下記をコピペすればHomebrewのインストール完了。

/usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.github.com/gist/323731)”

次はGITのインストールです。

brew install git

XCODEなどのコンパイラがはいってないと怒られます。
APPSTOREとかからインストールしましょう。
有線使うことをおすすめです。

・・・インストール待ちなため、一旦ここで終了

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ