若手の多い開発会社が腐らないための鉄則 ~Ruby on Railsの受託開発事業編~

先日書いた「受託開発で失敗しないための鉄則」の続きです。前回は受託開発における「短期的な失敗」に焦点をあてて対策方法を紹介しました。今回は、規模拡大の過程で経験する「中長期的な失敗」の対策方法を紹介します。例えば、「人数は増えたけどできることが全然増えない」や「人数は増えたけど収益自体はそこまで増えていない」などです。

特に若手の高学歴エンジニアが集まって受託開発しながら経営を試行錯誤しているケースによくみられる気がします。個人の能力が高くても組織としてうまく軌道にのることができなければ結局はフリーランスで動いているほうがお得じゃない?みたいな状態になります。この状態から抜け出すための方法論を紹介する前に、そもそもどういう流れでこの問題が発生するかをおさらいします。

なぜ、成長が止まるのか?(Ruby on Railsによるシステム受託開発)

序盤はいつだっていい感じ

受託開発を専門にしている企業も、若手があつまって夢を叶えるための資金集めで受託開発をしている集団も、かならず1人以上「できる人」がいます。後者の場合は全員が「できる人」なこともよくありますね。その「できる人」の実力・経験の両面で長けている領域で、組織は受託開発をするわけです。お仕事を依頼してくれる「クライアント」も、仕事をサポートする「できる人候補」も、「できる人」を個人的に信頼しているからこそ成り立つのです。

増え続ける受託開発の引き合い

そのため、「できる人」の割合が多い時期は何も考えなくても収益があがります。仕事もどんどん増えてきます。だから最近の高学歴ITベンチャーはとりあえず潰れない。「できる人」な割に仕事の単価が安いからです。

徐々に仕事を断る回数が増えてきます。せっかくお仕事を紹介いただいているのに、断るのはもったいないですよね。というわけで次世代のエースを育てるために「できる候補」を増やすのです。

増やし続ける受託開発エンジニア(Ruby on Railsエンジニア)

この判断自体は間違っていないんです。人がいなければそもそもお仕事は受けられないし、どうにかして新しい仲間を増やして育てて行かないと売上も士気もあがらない。最初のうちはそれも結構うまくいって、売上もけっこう伸びるんじゃないですかね。「できる人」が、既にできることを延々続けていれば、賃金を大幅にあげないかぎりは順調に粗利も増えてあたかも自分たちはけっこういい感じに波にのってる気がしてきます。ただ、どこかのタイミングで辛くなっていくんですよね。それはなぜか?

受託開発(営業もヒアリングも設計も実装も)する人はいても、ちゃんとできる人はいない。そして導ける人は採用してきていない。育てていない。

人も仕事もガンガン増えてるんだけど、組織全体としてできることがあまり増えていない。エンジニアは同じような属性やスキルをもったエンジニアをつるむ傾向があるため、個人個人の能力が高まったとしても、集団としての総合力はあまりあがっていないのです。たとえば、WEB関係の実力はかなり伸びてきているけど、それ以外の分野ではあまり経験を業務でつめていないし、隣で一緒に頑張ってきた仲間も似たようなスキルセットだからちょっと変化球な仕事が来た時に相互補完しにくい、いつも同じ「できる人」が都度試行錯誤することになる、など。仕事の数は「できる人」と比例するのでここで頭打ちになります。

このような事態を予防、または状態からリカバリするための方法論を紹介します。

気付かせてくれたのは3年前の同僚からのbabaからの一言です。


「Pさん才能ないから開発やめたほうがいいんじゃないですか?」


「えええっ!?んじゃあおれ何するんだよ。ってか役に立たないってことか・・・」

基礎から何年もかけて勉強してきたわけではないですが、それなりに実績もあったし、自信もあったので、仲間の背中をみながら頑張ってたのです。


「んー、器用だからそこらへんのやつよりずっとできると思うけど、ほかのことやってほしい。」


「・・・・・・・・・・・・。そうか、まあなんか考えてみるわー」

その後1時間くらい話しながら移動してたけど、ショックで何も覚えていないです。仏のような顔でサラッとキツイこといってくるんです。ひどい。とはいえ、当時収益の柱だったWEB開発の領域で、babaが僕から得られるものは何一つなかったのです。足手まといになるのは嫌なので、組織が成長し続けるために守るべき鉄則をつくりました。

自分より「もっとできる人」とは、違うことができるようになる

仲間と同じスキルセットを目指しても、忙しい時にかわりに仕事するくらいのことしかできません。近くの「できる人」の歩んだロードマップを効率よく自分も駆け抜けることはとても大切だけど、尊敬するその人とまた別の能力を身につけることのほうが結果的に仲間の役に立ち、会社の成長にもつながり、何よりも自分の存在価値を向上させます。

社外で自分より「もっとできる人」を何人か見つけておく

社内で、いろんな分野で自分より「もっとできる人」がいたら、それはそれはとても幸福なことですが、どうしても社内ではスキルセットが似たり寄ったりなところに行き着きます。別のスキルセットをもった仲間は、普段別の仕事に割り振られているわけで、業務の合間だと社内でもどうも情報収集がままならない時が多いはずです。だから社外で、自分とは日々違った経験をしている人と定期的に交流し、情報交換する環境を作っておいて、知識の収集源を増やしておきましょう。勉強会やセミナーの類ですね。普段からニュースサイトを見てるから大丈夫という方は注意です。興味範囲の情報しか見ていない場合が殆どなので、同じ効果は得られません。

自分の資産価値はほうっておくと減ると自覚する、あがく

年をとるたびに自分の市場価値は減ります。同じ能力なら若いほうが良いです。同じ能力値なら、いざというときに気合と根性を発揮できたほうが良い。お客さんや先輩にちやほやされるし許される。だから年をとった分だけ成長していないと、評価はむしろ落ちると考えるのが適切です。そして効率よく情報収集や学習するためのツールは日々進化しています。自分よりも1年遅れて生まれてきた人材は、1年間分の技術的な進歩によるバックアップを得て成長を続けています。効率よく学習し続ける必要があると決めてしまえば、方向性をきめて動き出すだけです。

ちなみに、マーケティング、SEO、広告、お金、税金、法律、会計、経営などのほうを勉強するようになりました。分野はすこし変化したけれど、エンジニア時代の知識も生きています。そしてbabaさんの助けになってい(る気がし)ます。:P

次回は、開発力を武器に独立して、特に特色のない会社・組織にならないための鉄則、を記事にしようかと思います。何かアドバイス・意見などあれば、ぜひ教えてください。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ