「漫画貧乏(Manga Poverty)」英語版がiTunes Store, Kindleで発売されました!

弊社が翻訳・電子書籍化を担当させていただいた、佐藤秀峰氏の著書「漫画貧乏(Manga Poverty)」の英語版電子書籍が、iTunes Store(Apple)およびKindle(amazon)にて発売されました。

「海猿」「ブラックジャックによろしく」などの作品で知られる漫画家である佐藤秀峰氏の出版社との攻防や、自ら漫画onWebというサービスを立ち上げるまでを描いた『漫画貧乏』。

佐藤氏の漫画に対する熱い思いや葛藤をリアルに描いた本作を、MANGA REBORNにて英語に翻訳させていただきました。

さらに翻訳したものを世界中の人が気軽に読めるよう電子書籍化し、代表的な電子書籍書店であるiTunes StoreKindleにて販売を開始いたしました。

Manga Poverty @ Kindle

【Kindle】

教育の一環として活用している投稿サイト

私は、デザインやイラストを履修できる専門学校に勤務をしておりますが、
以前は手描きでの技術習得が中心だった授業内容も、
今ではソフトを使ってのデジタル漫画へと移行しました。
そのおかげで、投稿本数も増えデビューへの足がかりとなった学生も多く、
投稿サイトの誕生は学校教育の面からも、非常にありがたいことでした。

その分、教える先生達は大変そうでした。
手描きという職人のテクニックを売りにしていた教師陣は消え、
変わりにデジタルで複製やアレンジのテクニックを掴んでいる教師陣が登場し、
奥行きのある作画は減りましたが、投稿本数が劇的に増えた分、
各賞へと引っかかる可能性が高くなっていきました。

ただし、作画がしやすくなった分、ストーリーが重要視されていることや、
デッサン、画力のある学生はデジタルでもアナログでも実力は変わらないという現実も学び、
今ではデジタル漫画志向とアナルグ漫画志向で選択科目を用意しています。

全体的に作品レベルは高くなっていると実感しています。
作画であってもストーリーであっても、投稿サイトの場合は、
自分の結果が目に見えて分かるものも多く、公開されていることから、
容赦なき現実を突きつけられる事もしばしばあります。
手描き志向の学生は、編集者であってもなかなか見せたがらないのですが、
デジタル志向は公開が前提なので、たとえ酷評されたとしても、
案外立ち直りの早いように見ています。

ここからメジャーデビューに繋がるように、
これからも教育機関として、しっかりとしたカリキュラムを用意していきたいと思っています。

漫画投稿サイトの特徴についてご紹介しましょう

漫画投稿サイトの特徴についてご紹介しましょう。
漫画投稿サイトの特徴は、漫画の豊富な翻訳の実績があります。
漫画を世界中の漫画ファンによって翻訳して配信します。
漫画投稿サイトは、世界中の300人以上の漫画ファンのボランティアの翻訳によってサポートされています。
漫画の豊富な翻訳の経験と正確なテクニックによって作られ、自信を持って質の高い翻訳を行っています。
無料で高い質の翻訳を行ってくれるのは、世界中の漫画を愛する気持ちからです。
漫画投稿サイトでは、ファンと漫画作家がよりいい漫画を協力して作り上げるサポートを行います。
漫画投稿サイトの特徴は、大事な漫画の著作権を保護します
大事な漫画を配信するためには、著作権を保護することも必要です。
漫画投稿サイトのDRMは、有名な電子書籍のアプリの場合にも採用されているもので、漫画家の権利を保護します。
漫画投稿サイトの特徴は、いろいろな端末で、漫画をストレスなく楽しむことができることです。
パソコン・タブレット・モバイルなどいろいろなものに対応しています。
「いつでも世界中の漫画ファンが世界中の漫画を読むことができる」というような理想を持って、いろいろな端末で漫画を読むことができるようにしています。

漫画投稿サイトは、オリジナルの漫画やイラストを投稿するサイトです

漫画投稿サイトは、オリジナルの漫画やイラストを投稿するサイトです。
あなたが描いた漫画やイラストをできるだけ多くの人に見てもらうために、漫画を描くことが好きな方や漫画家を志望している方は、漫画投稿サイトへ投稿してみることをおすすめします。
もちろん漫画投稿サイトでは掲載は無料です。
掲載するために必要な資格や条件などはありません。
オリジナル漫画の投稿を漫画投稿サイトでは受け付けています。
漫画の投稿を行いたい場合には、漫画投稿サイトの漫画投稿のフォームから連絡しましょう。
この際、漫画タイトル、漫画の内容、漫画ジャンルについては特に正しくはっきり書きましょう。
漫画ジャンルに関しては、少年漫画・青年漫画・少女漫画・4コマ漫画のどれか一つ、あるいはいくつかを選んで記入しましょう。
メールを送ると受信した後、サイトから受信した旨のメールが送られてきます。
そして、その送られてきたメールに投稿したい漫画についてのファイルを添付して返すようにしましょう。
送ったそれぞれの漫画タイトル・漫画の内容・漫画ジャンル・漫画ファイルを確認した後、サイトで審査を行ってくれます。
審査に受かった漫画については公開を無料で行ってくれます。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ