Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • インフラ

FreeBSD/i386 on VirtualBox で、CRC checksum error, tar が解凍できない、pkg install ができないなどの対処方法

32bit 版 FreeBSD を VirtualBox にインストールしようとした時の問題点。日本語の情報が多少少な目でした。

http://www.freebsd.org/releases/10.0R/errata.html より。

FreeBSD/i386 10.0-RELEASE running as a guest operating system on VirtualBox can have a problem with disk I/O access. It depends on some specific hardware configuration and does not depend on a specific version of VirtualBox or host operating system.

It causes various errors and makes FreeBSD quite unstable. Although the cause is still unclear, disabling unmapped I/O works as a workaround. To disable it, choose Escape to loader prompt in the boot menu and enter the following lines from loader(8) prompt, after an OK:

set vfs.unmapped_buf_allowed=0
boot
Note that the following line has to be added to /boot/loader.conf after a boot. It disables unmapped I/O at every boot:

vfs.unmapped_buf_allowed=0
[2014-04-03 update] It has been reported that instability may be present on virtual machines running on other hypervisors, such as Xen or KVM.

VirtualBox/Xen/KVM のゲスト OS として、FreeBSD/i386 を入れると、ファイルシステムが安定しない。例えば、portsnap fetch などをしても、tar がぶっ壊れてます、とか、CRC checksum error などが大量発生する。

新規インストールですでにクラックされた?ではなく、単に、ファイルシステムに正常に書き込めていないだけです。

/boot/loader.conf に以下を書いて再起動。

vfs.unmapped_buf_allowed=0 

以上

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。