業界随一の仕様準拠性:EPUB3 ビューア「超縦書」Windows版 無料公開のお知らせ

2017 年 6 月 28 日より、BPS 製品である超縦書 Windows 版の無料公開を行なわせて頂きます!以下の画像をクリックする形でも、公開サイトに飛べます。

まだまだ短いながら、電子書籍業界の方々とお話をさせて頂く中で、EPUB を作成する際の文字もの EPUB の表示を確認する手段がない・フリーで表示するソフトウェアがほとんどない、といった声を多く聞きました。

これらの意見を踏まえ、弊社で開発をしている EPUB3 ビューアである超縦書 Windows 版の無料公開を行なうことで、一般ユーザの方々のみならず、電子書籍を支えている業界の方々を助けることができるのではないかと考えました。
超縦書は Blink をベースにしつつ、EPUB ビューアとして必要な要素を詰め込んだ製品になっております。組版表示の正確さも超縦書の売りの一つだと考えております。
電子書店にて購入された EPUB を閲覧する際や、作成された EPUB の表示確認などに是非ご利用頂ければと思います。

公開サイトには、まだ、質問を受け付ける機能などが整っておりませんが、徐々にサポート体制も充実させていく予定です。ぜひご意見をいただければ幸いです。

引続き弊社では、電子書籍業界において必要となる基盤ソフトウェアの提供を進めてまいりたいと思います。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

榊原 寛

1980 年埼玉県生まれ。BPS COO。慶應義塾志木高校からそのまま慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスへ。コンピュータの勉強がしたかったので、学部1年より徳田英幸研究室へ。無線ネットワークに関する研究、ユビキタスネットワークに関する研究、センサネットワークに関する研究、仮想ネットワークに関する研究等を行い、2010年慶應義塾大学政策・メディア研究科後記博士課程単位取得退学。 IPA 未踏事業 2006年度、2007年度開発責任者。日本学術振興会特別研究員(DC2) 2008年度。技術が実際に役に立つ現場に行きたく、BPSへ。BPSでは、主に電子書籍に関する事業に従事。マンガEPUBビューアや WebKit を利用した EPUB3 の日本語縦書きビューアプロジェクトを推進。全国中小企業団体中央会によるグローバル技術連携・創業支援補助金(創業枠)及び東京都中小企業振興公社「新製品・新技術助成事業 助成金」を MangaReborn 事業にて申請・獲得。電子書籍に関する次なるソリューションについて日々試行錯誤。慶應義塾大学環境情報学部非常勤講師兼任中。慶應義塾大学 SFC 研究所所員。W3C AC Representative。 http://techracho/bpsinc.jp/skk/ , http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~skk/

榊原 寛の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ