Windows Vista・7でJavaの自動アップデートを無効に出来ない場合

Eclipseなどを使うには、Javaのインストールが必須ですね。

Javaはデフォルトで、月に1回自動アップデートを試みます。
この機能、勝手に再起動を求めてきたりして鬱陶しいので、無効にしたい場合もあると思います。

しかし、タスクトレイのJavaアイコンを右クリック→「プロパティ」を開き、「アップデートを自動的にチェック」をOFFにしても、設定が保存されない場合があります。

実は、このダイアログはUACが有効の環境(Vistaや7はデフォルトで有効)では、何も設定が保存されません。

設定を変更するには、C:/java/bin/javacpl.exe (環境によってパスは変わります)を右クリック→「管理者として実行」する必要があります。

こんなのはプログラム作者がマニフェストファイルを書けば済む話なんですけど、Sunの方々はWindowsなんて使っていないのかも知れませんね??

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください エンジニアの為の転職サイト リクラッチョ Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。得意分野はWeb全般、Ruby on Rails、Androidアプリケーションなど。最近はBlinkと格闘中。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(高度10区分)などを保有。

babaの書いた記事

関連する記事

人気の記事