[Windows]「一時ユーザプロファイルでログオンしています」の解決方法

概要

移動ユーザプロファイル周りをがちゃがちゃいじっていると、ログオンしたときに

一時ユーザプロファイルでログオンしています。

と表示されてしまうことがあります。

これでは、データがどこにも保存されません。

ユーザプロファイルは以下に保存されるため、ファイルだけ削除するとこの現象が発生します。

ユーザプロファイル一覧情報
レジストリ
ユーザプロファイル実データ
C:/Users以下

解決方法

解決するには、https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/947215 を参考に以下を実施します。

  • C:/Users/ 以下で、いらないフォルダを削除
  • コンピュータのプロパティ→詳細設定→ユーザプロファイルで、いらないプロファイルを削除
  • ユーザアカウントの管理で、いらないユーザを削除
  • レジストリエディタで、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList 以下の、削除したユーザに対応しているキーを削除

この後再起動すれば、ユーザを作成・初回ログインする前の状態に戻るので、再度デフォルトプロファイルが読み込まれます。

レジストリを削除する際は、うっかりローカルの管理ユーザなどを削除しないように気をつけてください。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。

高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(15区分 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、CITP、Ruby Programmer Goldなどを保有。

babaの書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ