世界最高輝度「NOVA」ディスプレイ搭載、Optimus bright L-07C 最新レポート

本日6月18日は、Optimus Black改めOptimus bright L-07Cの発売日です。

ということで買ってきました!

箱は黒い専用のもの。

箱は専用のものですが、サイズは最近っぽいサイズ(SH-12Cなどと同じくらい)です。Galaxy Sよりは大きいですが、SH-03Cなどに比べると小さい。
箱を取っておく場所が無いので、小さいほど助かります。

背面

最初はカバーがかかっていません(店員さんが付けてくれることが多いと思いますが)。
それは、L-07Cには3種類のカバーが付いているからです。

3種類のカバーが付いている

その日の気分で色が変えられますね。

軽く触ってみた乾燥

  • 白いボディは指紋がとても目立つ
  • 液晶はさすが綺麗
  • 薄くて軽いのが好印象
  • 動作速度は最近の標準レベル
  • タッチは5点認識で、精度はGalaxy Sと違いがわからない(最高レベル)

画面が綺麗で軽いので、実用性は高い方だと思います。

次はソフト面を見てみる予定。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ