GitLab 10.6以降でpushイベントのSlack通知が止まったときの対応方法

先日社内のGitLabを10.7系にアップデートしたのですが、git pushしてもSlackに通知が来なくなってしまいました。

↑ Issueの通知やMerge Requestの通知は届くし、SandStarさん(社内CIサーバ)も元気に動いている。

↑ 設定も変えてないしちゃんとONになっている。

おかしいなあと思ってソースを追いかけてみたところ、

この修正が理由でした。

ということでこの「Notify only default branch」チェックを外したら期待通りに動作するようになりました。元の動作がバグだったんですね。

社内事情で10.6系を飛ばして10.5系→10.7系にしていたのを忘れて、10.7のCHANGELOGや最近のIssueをひたすら探して見つからず遠回りしてしまいました。

関連記事

チーム開発においてGit初心者が踏みがちな地雷まとめ

WebデザイナーがGitを始めて大変だった・めっちゃ良かった話

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

baba

ゆとりプログラマー。 高校時代から趣味でプログラミングを初め、そのままコードを書き続けて現在に至る。慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業。BPS設立初期に在学中から参加している最古参メンバーの一人。Ruby on Rails、PHP、Androidアプリ、Windows/Macアプリ、超縦書の開発などを気まぐれにやる。軽度の資格マニアで、情報処理技術者試験(16区分17回 + 情報処理安全確保支援士試験)、技術士(情報工学部門)、Ruby Programmer Gold、AWSソリューションアーキテクト(アソシエイト)、日商簿記2級、漢検準1級などを保有。

babaの書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ

BPSアドベントカレンダー