PASSIONナビと紹介とで3名採用した2016年度新卒入社学生の内定式を開催しました。

先日、11月20日(金)にBPS2016年度新卒生向けの内定式を開催しました。

SONY DSC

新卒3期生となる2016年度卒は3名の入社を予定しており、(他社からの誘惑や本人たちの学校でのヘマが無い限り)4月1日から新しい仲間として一緒に働くことになります。

新卒1期生はBPS設立して2年目に採用しているのですが、その時は僕はまだ入社していなかったので、一応人事として面倒を見始めたのは2015年度卒の2名から引き続いて2年連続となります。

とはいえ、エンジニアが9割を占めるBPSでは非エンジニアである僕が教えられることは数少なく、「ご飯をご馳走になったらその場はもちろんメールとかLINEとかで御礼言うと好感度UP」くらいしか教育は出来ません。

仮に、ストレスのもとになっている先輩エンジニアがいる時や仕事を辞めたくて仕方がない時は相談してね、と伝えてはいますが、2015年度卒の新卒2名が入社して8ヶ月、幸いにしていまだそういったクレ・・・いや相談は受けておりません。ようし、このままこのまま・・・
前職が新卒採用のメディアを扱う営業だったこともあり、内定を出して内定承諾を貰っても実際に入社しない場合があることを重々理解しています。
そしてそれを最小限にするためには、新卒の子たちにより多く会社に来る機会を増やしたり、不安を取り除いてあげたり、(本人が望むなら)インターンとして入社までに戦力化を頑張ってもらったり、と4月1日までは気を抜けないなと思っています。

と、言うわけで半ば強引ではありますが、歓迎の意味を込めて少し遅めの内定式を敢行するに至ったのです。(これまでも何度か来てもらったりはしてましたが、案件の打ち上げなど他が主役になる場合が多かったです)

内定式とは言っても、どこかのホールを借りたり全員スーツでビシッと決めたり、なんてことはせず、BPSらしく簡易内定式+社内でのケータリング+2次会で中華料理屋貸し切り、な感じでした。

僕自身が大学中退して、前述の営業会社に中途的な立ち位置で入社したため、内定式とは何をすれば良いのか分からなかったのですが、内定証書を(開始2時間前に)作ったり、会社の権力者から一言ずつありがたいお言葉を貰ったり、最後に写真撮影をしたりとそれっぽい感じには仕上がったのではないかと思います。

そういえば、新人さんには恒例になっているイラスト入りマグカップの贈呈も行いましたよ。今年の3名+先日入社した中途の方のイラストです。

村松くん

剣道やってるらしいので、そのまま剣士に。
普段の姿勢も良いので、直立にしています。

海老原くん
ダーツが趣味だというので、幽遊白書の刃霧っぽい感じ。

田島くん
電機大出身だということで、大学のイメージも併せてメカニックに。

八木さん

中途入社の方のイラスト。
ファンタジー系でもちょい悪系が好みだということで、海賊にしてます。

 

ちなみに、今回はイラストをventryさんにお願いしました。
今も同じ価格か分かりませんが、3,000円/人なので4人で12,000円、それにマグカップ代が1,500円/個だったので、全部で2万円以内でプレゼントを用意できました。

※コップの写真撮ろうとしたら皆持ち帰ってました。気にいってくれた、ということにしておきましょう。

代表が、メッチャカッコいい内定証書に憧れているみたいなので、来年度はなんとか予算をもぎ取って重みのある内定証書を贈呈したいと思います!
そして、式の最後に撮った集合写真です。

 

SONY DSC

さぁ、どのイラストがどれに対応してるでしょう?(1問25点:100点満点)

アルバイトの方やパートナーさんも一緒に撮影しましたが、こうやって見ると人増えましたね。
現在は、中途採用と2017年度の新卒採用に向けて注力しているので、来年の同じ時期にはもっと増えているのではないかと思っています。
簡易的な内定式が終わった後には、皆でケータリングを軽く楽しんで、2次会である中華料理屋に向かいました。
お酒が飲めないメンバも多いBPSなので、せいぜい新卒の学生以外は4~5人残ってるくらいかと思いきや・・・(僕が内定式後のケータリングの後、1件別件で面談が入っていたので遅れての2次会参加だったのです)

SONY DSC
結構盛り上がってる。笑

この日は、パートナーさんからブリが届き、出世魚だし新卒の内定式に縁起もよさそうだよね、というかなり強引なこじつけで、会場の中華料理屋さんに丸ごと料理してもらいました。

さて、そんなBPSは実は新卒3名の他にも入社予定者がおり、2016年4月段階では合計で5名は増員している予定です。(もちろん更なる仲間も募集中です)
IT業界はメンバーの増員が激しい業界ではありますが、今のところ増える予定しかなくて採用担当としては安堵しています。
採用情報については、自社のホームページ、もしくは最近掲載スタートしたGreenさんに詳しく書いているので、もしピンと来た方いらっしゃれば、遠慮なくご連絡ください。

「応募」という堅苦しい意思表示じゃなくても、ちょっと会社見学してみたいとかでも大歓迎です。お応b・・・じゃなかった、ご来社お待ちしております。
読んで頂きありがとうございました!

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

Genki

1988年宮崎県生まれ、大学で福岡に行くも5年通って中退。 フラ~フラ~してたところを知り合いに拾ってもらい、 人材広告のベンチャー企業に就職しました。 もともと人材に興味があったかと聞かれると興味度は普通でした。 仕事はまぁまぁ楽しかったですけど。 でも、どちらかというと手に職をつけたかったので、 営業先の一つであったBPSに転職しました。 採用、総務、開発、営業、雑用などいろんなことをさせてもらっています。 投稿記事も開発系よりかは採用や人事系が多くなると思います。

Genkiの書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ