Mac: homebrew caskを一括アップデートできるhomebrew-cask-upgrade

こんにちは、hachi8833です。小ネタで恐縮です。

Homebrew-Caskを使うと、ChromeやSublime Textなど多くのMacアプリをHomebrewと同じ方法でインストール/管理できます。App Storeでポチポチクリックするより楽なので、私はなるべくMacのアプリはCaskでインストールするようにしています。Homebrew-Caskについての説明は省略します。


caskroom.github.ioより

そのHomebrew-Caskをさらに便利にしてくれるのが、このhomebrew-cask-upgradeです。

インストール方法

homebrew-cask-upgradeはRubyで書かれていますが、インストールはgem installではなくbrew tapを使います。

brew tap buo/cask-upgrade

使い方

基本的にbrew cuを入力すれば、後は言われたとおりにするだけで、Caskでインストールしたアプリ一覧を表示し、必要なものをひととおりアップデートしてくれます。

brew cu

-a, --all
自動アップデート
--cleanup
アップデート後にキャッシュとシンボリックリンクをクリア
-f, --force
強制インストール
--no-brew-update
Homebrew/tap/formulaを更新しない
-y, --yes
アップデート確認にすべてyesと答える
-q, --quiet
アプリ一覧やオプションの情報を表示しない

合言葉はbrew cu

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833

コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。
これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の半分ほど、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れてそれぞれ一部を翻訳。
かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。
実は最近Go言語が好き。
仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ