Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • Ruby / Rails関連

週刊Railsウォッチ: RubyKaigi 2022タイムテーブル公開、viewport-extraほか(20220830後編)

こんにちは、hachi8833です。

週刊Railsウォッチについて

  • 各記事冒頭には🔗でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ
  • 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です👄
  • お気づきの点がありましたら@hachi8833までメンションをいただければ確認・対応いたします🙏

TechRachoではRubyやRailsなどの最新情報記事を平日に公開しています。TechRacho記事をいち早くお読みになりたい方はTwitterにて@techrachoのフォローをお願いします。また、タグやカテゴリごとにRSSフィードを購読することもできます(例:週刊Railsウォッチタグ)

🔗Ruby

🔗 RubyKaigi 2022のタイムテーブルが公開


つっつきボイス:「お、ついに出ましたね🎉」「今回のTRICK 2022は初日なのか」「来日が難しくてリモート登壇になった海外組もいるようです」「日本が今一番ヤバいと言われているこの時期だとしょうがないでしょうね」「最近は来日しやすくなっているけど帰国の方が大変そう」

tric/trick2022 - GitHub


以下はつっつきの後で見つけたツイートです。

なお、期間中の現地の天気予報は当初雨の見込みでしたが、その後更新されて晴れやすくなっているようです。

参考: 津市の2週間天気(旧:10日間天気) – 日本気象協会 tenki.jp

🔗 Rubyのデバッグ演習


つっつきボイス:「ruby/debugコントリビュータでおなじみのst0012さんが作った、Rubyのデバッグ演習課題です」「演習コードにある通っていないアサーションの原因を自分で調べてみましょうという趣向ですね👍」「回答の投稿フォームは以下です↓」

参考: Ruby debugging challenge answers

🔗 Haml 6.0.0.beta.1リリース


つっつきボイス:「Haml 6のリリースも遠くなさそうですね」「昔のHamlは遅いと言われていたりしましたけど更新のたびに速くなっているのが凄い」

# 同リリースノートより
$ bundle exec ruby benchmark/slim/run-benchmarks.rb
Calculating -------------------------------------
       erubi v1.11.0    34.595k i/100ms
         slim v4.1.0    30.931k i/100ms
  haml v6.0.0.beta.1    35.621k i/100ms
-------------------------------------------------
       erubi v1.11.0    411.827k (± 0.4%) i/s -      2.076M
         slim v4.1.0    361.660k (± 0.4%) i/s -      1.825M
  haml v6.0.0.beta.1    427.207k (± 0.6%) i/s -      2.137M

Comparison:
  haml v6.0.0.beta.1:   427206.9 i/s
       erubi v1.11.0:   411826.6 i/s - 1.04x slower
         slim v4.1.0:   361659.8 i/s - 1.18x slower

🔗 RuboCopのサーバーモード(Ruby Weeklyより)

# 同記事より
$ rubocop --server
# 同記事より
$ rubocop --start-server
RuboCop server starting on 127.0.0.1:55772.

つっつきボイス:「前回のウォッチで永和システムマネジメントさんのRubyKaigi 2022登壇を扱ったときに触れたRuboCopのサーバーモードがこの記事でも扱われていますね(ウォッチ20220822)」「そうそう、spring的にcopをプリロードする感じのヤツ」「rubocop-daemonというツールのアイデアがRuboCop本体に取り込まれたのか」

参考: RubyKaigi 2022 に永和システムマネジメントから @fugakkbn @koic @ima1zumi の 3人が登壇します – ESM アジャイル事業部 開発者ブログ

fohte/rubocop-daemon - GitHub

元記事によると、RuboCopサーバーはディレクトリごとに複数起動できるそうです↓。また、ベンチマークはサーバーモードがかなり高速だそうです。

$ ps waux | grep rubocop
bozhidar 17801  0.2  0.5 1227840 87804 ?       S    10:50   0:00 rubocop --server /home/bozhidar/projects/rubocop
bozhidar 17990  0.0  0.3 117240 53172 ?        S    10:54   0:00 rubocop --server /home/bozhidar/projects/rubocop-ast

🔗 その他Ruby


つっつきボイス:「tenderloveさんはこんな感じでプレゼンのアウトラインを作ってるそうです: ちなみにpunはダジャレ」「ダジャレに一番気合入ってる😆」「ダジャレの時間を最優先で確保」「最後に時間が足りなくなるところまでがテンプレ」「こういう遊び心が中心のTech系イベントなら、このぐらいリラックスした気持ちで登壇するのがいいでしょうね」

「スレッドの続きに”ネコ入れなきゃ!”ってある🐱」「”ネコは勝手に入ってくるから”ですって」「ネコはそういう生き物」

🔗クラウド/コンテナ/インフラ/Serverless

🔗 Amazon File Cache (Publickeyより)


つっつきボイス:「BPS社内Slackでも話題になっていましたね」「公式ブログによると今年後半にGAになる予定だそうです↓」

参考: Welcome to AWS Storage Day 2022 | AWS News Blog

「現時点だと情報が少なくて、Amazon File Cacheが具体的にどう使えるかがまだよくわからないんですよ: たとえば単体サーバーでしか使えないのか複数サーバーで使えるのかが気になるところですが、スケールするとサーバーの台数分キャッシュが必要になりそうだし、果たして複数サーバーまで期待できるかどうか」「たしかに」「AZ内制限ぐらいはありそうだし、少なくとも複数インスタンスでの共有ぐらいはできそうな気もするけど」「今後の情報待ちですね」

🔗JavaScript

🔗 Patterns.dev: モダンWebアプリのデザインパターン集(JavaScript Weeklyより)


つっつきボイス:「主に素のJSやReactを対象にしたデザパタ集だそうです」「スクロールするとツールバーがぼやけるデザインって珍しいかも」「パターンの見せ方が面白いですね↓」「クリックすると表示される個別の説明もかなり気合入って書いている感じ👍」


patterns.devより

🔗CSS/HTML/フロントエンド/テスト/デザイン

🔗 viewport-extra

dsktschy/viewport-extra - GitHub


つっつきボイス:「BPS Webチーム内発表で話題になったライブラリを取り上げてみました」「metaタグに独自定義のname="viewport-extra"を書くと、min-widthmax-widthなどを元にinitial-scaleなどをJSで動的に変更して、文字も含めてビューポートを拡大縮小するヤツですね」「iPhone SEやiPadの画面に対応するときに助かる」「viewport-extraがやっていることはかなりシンプルなので手書きしている人もいそう」

<!-- 同リポジトリより -->
<meta
  name="viewport-extra"
  content="width=device-width,initial-scale=1,min-width=375"
/>

(上の生成例)
On iPhone 5(s) / iPhone SE(1st Gen) in portrait mode
<meta name="viewport" content="width=375,initial-scale=0.8533333333333334" />

On Galaxy S20 in portrait mode
<meta name="viewport" content="width=375,initial-scale=0.96" />

On iPhone >= 6 / iPhone SE(2nd Gen) / Galaxy S20 Ultra / tablets, in portrait mode
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1" />
同リポジトリより

参考: ビューポートの概念 – CSS: カスケーディングスタイルシート | MDN
参考: iPhone SE/5s/5にもう悩まない!Viewport Extraで手軽に縮小表示 | 株式会社LIG(リグ)|コンサルティング・システム開発・Web制作 — viewport-extraの作者による記事

「こういうのはきっとCSSだけでは無理なんでしょうね」「無理だと思います: 特にiOSだとフォントサイズに下限があってCSSでフォントサイズをそれ以下に縮小しても無視されるので、文字も含めた縮小はビューポートで指定するしかないはず」「なるほど」

「ビューポートでこういう操作が可能であることを考えると、ブラウザのビューポートは本当に賢くできているなと改めて思いますね」

🔗言語/ツール/OS/CPU

🔗 Stable Diffusion


つっつきボイス:「Stable Diffusionはめちゃめちゃ盛り上がっている」「画像を生成する呪文をみんなで追求しまくってますね」「楽しそう」「同じ呪文を唱えたときに同じ画像を再現できるか気になる」「生成画像や学習に使った画像の著作権や利用規約なんかも問題になりそうですね」「そのあたりをクリアできたらTechRachoのアイキャッチ画像生成に使ってみたい気持ちがちょっとあります」「LGTM画像の生成にも使ってみたい」

「ちなみに自分も上の記事を元にGoogle Colaboratoryで生成してみたんですが↓、生成した直後にGoogle Colaboratoryがビジーになって処理できなくなりました(その後少し落ち着いたようですが)」「そのぐらい人気ということなんでしょうね」

参考: Colaboratory へようこそ – Colaboratory


以下はつっつき後に見つけたツイートです。こちらはSpectrogram Diffusionを使ってMIDIデータから音楽を直接合成するというもので、論文も出ています。

🔗 OpenBSDのpledgeシステムコールがLinuxに移植された


つっつきボイス:「pledgeはOpenBSDからLinuxに移植されたシステムコールだそうです」「OpenBSD版のpledgeについては日本語の別記事に書かれていますね↓」「当初はtameという名前だったのか」

参考: 第29回 OpenBSD 5.9の新しいセキュリティ機能pledge(2) | gihyo.jp

pledge: n, v 担保(する)、誓い(誓う)
tame: v 飼いならす

「”このシステムコールが実行されたあとに実行されるシステムコールの機能を制限する”とある: pledgeを呼んだプロセスが、自分で使う機能を自分で制限できるようですね」「お〜」

// 同記事より
#include <unistd.h>

int
pledge(const char *promises, const char *paths[]);

「プロセスで必要とするシステムコールをホワイトリスト的に宣言するという考え方、なるほど」「英語記事の方を見ると、よく使うものをstdiorpathのようにまとめて指定できるpromiseがいろいろ用意されている↓」「たしかに個別に指定してたら大変ですよね」


Porting OpenBSD pledge() to Linuxより

「あのSELinuxよりは使いやすそうな感じですね」「SELinuxはカーネルレベルで制約をかける機能で、root権限で動くものなので別物ですね」「それもそうか」「pledge自体はあくまでシステムコールの1つで、ユーザーランドから呼び出される他のシステムコールについて”自分はこれしか使わない”と約束する形で制限する」「たしかに」

参考: Security-Enhanced Linux – Wikipedia

「pledgeは仕組みからしてコンテナと相性が良さそう: 特に実行権限を持つ機能を外部に公開するときにpledgeシステムコールレベルで制約を加えられると多層防御の一環として使えるかも👍」

🔗 その他ツール


つっつきボイス:「Mac/Windows/Linuxで使えるコードスニペットツールだそうです」「自分はJetBrains IDEでそういう機能が使えるのであまり必要を感じないけど、スニペットをローカルやクラウドに置けて、オープンソースなので終了の心配をしなくて済むのはよさそう👍」「特定のIDEやOSに縛られずにスニペットを環境間で共有したい人に向いていそうですね」「Dropboxとかにスニペットを置いて使ってみようかな」


後編は以上です。

バックナンバー(2022年度第3四半期)

週刊Railsウォッチ: MinitestとRSpecの比較、商用版NGINXの重要機能がオープンソース化ほか(20220829前編)

今週の主なニュースソース

ソースの表記されていない項目は独自ルート(TwitterやはてブやRSSやruby-jp SlackやRedditなど)です。

Ruby Weekly

Publickey

publickey_banner_captured

JavaScript Weekly

javascriptweekly_logo_captured


CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。