VirtualBox上のWindowsにiTunesを入れてもiPhoneと同期できない問題を解決する

ずっとVMWare Fusionを使っているのですが,最近vagrantを使う関係でVirtualBoxに浮気してます.

さて,この度手元に余っていたiPhone 4をVirtualBox上のWindows 7で運用しようとしたのですが,そのままの設定だとうまくいかなかったので記事にしておきます.ちなみに環境はMac OS X Mountain Lionです.

VirtualBox上のWindows 7にiTunesをインストールするところまでは通常通りで全く問題無くインストールするのですが,そのままだとiPhoneがVirtualBox上のWindows 7で認識しません.具体的にはドライバが見つからなかったり,何度かVirtualBoxへのattach/detachを繰り返してもデバイス自体が不明なデバイスとして認識されなかったりします.

これを解決するにはVirtualBoxのVM設定でUSB 2.0 EHCI Controllerを有効にしてやる必要があります.デフォルトはoffになっているので,こちらは手動でONにしてやる必要があります(VMがpower off出でないと変更できません).

また,USB 2.0 EHCI Controllerを有効にするには,別途Extension Packをインストールする必要があります.VirtualBox Extension PackはVirtualBoxのダウンロードページからダウンロードできます.インストールはダブルクリックでOKです.

これらを設定すれば,後は通常通りWindows 7を起動し,iPhoneを接続してやればiTunesと無事繋がります.ただ,どうも有線接続のスループットが出ないので,これについてはまだ未解決です.何か解決方法が見つかったらまたupdateしようと思います.

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

morimorihoge

高校卒業後,学生をやりながらずっとWebアプリ開発に携わってきました.2010くらいまではPHP/Symfonyプログラマでしたが,それ以降のWeb開発はRailsほぼ一本に宗旨替えしました.開発とは別にサーバ構築・運用も10年以上やってきているので,要件定義から設計・実装・環境構築・運用まで一通り何でもこなせます.開発以外では季節により大学でWebサービス開発やプログラミング関連の非常勤講師もしており,技術の啓蒙・教育にも積極的に関わっています.最近はPM的な仕事が増えていますが,現役開発者としていつでも動ける程度にはコードもサーバも弄る日々を送っています.AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトレベル取りました

morimorihogeの書いた記事

開発
RubyのArray(配列)の使い方

2017年03月15日

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ