Ethna2.5以降でTemplateのディレクトリ・パスを変えたい場合

ethna2.3.6までは、デフォルトのTemplateディレクトリ(template/ja)から変更したい時に{App_Id}_ControllerでgetTemplatedirをオーバーライドするのが定石でした。ethnaコマンドもgetTemplatedirを見てくれるのでethna add-templateなども問題ありませんでした。

ただ、Ethna-2.5以降では、国際化対応のためLocaleが追加され、以下のジェネレータプラグインのコードのコメント通り(39,40行目)、Localeが入っていないと勝手に補完してくれるようです。このため、ethna add-templateコマンドでtemplateを生成する際にLocaleをディレクトリパスに強制的に入れられてしまうため、国際化対応したくない場合(笑)はここをスキップする必要があります。

今回は綺麗に拡張するのが面倒だったためコメントアウトしましたが、今後は何らかの切り替えができるといいかもしれませんね。

Ethna/class/Plugin/Generator/Ethna_Plugin_Generator_Template.php

13 /**
14  *  スケルトン生成クラス
15  *
16  *  @author     Masaki Fujimoto <fujimoto@php.net>
17  *  @access     public
18  *  @package    Ethna
19  */
20 class Ethna_Plugin_Generator_Template extends Ethna_Plugin_Generator
21 {
22     /**
23      *  テンプレートのスケルトンを生成する
24      *
25      *  @access public
26      *  @param  string  $forward_name   テンプレート名
27      *  @param  string  $skelton        スケルトンファイル名
28      *  @param  string  $locale         ロケール名
29      *  @param  string  $encoding       エンコーディング
30      *  @return true|Ethna_Error        true:成功 Ethna_Error:失敗
31      */
32     function &generate($forward_name, $skelton = null, $locale, $encoding)
33     {
34         //  ロケールが指定された場合は、それを優先する
35         if (!empty($locale)) {
36             $this->ctl->setLocale($locale);
37         }
38
39         //  ロケール名がディレクトリに含まれていない場合は、
40         //  ディレクトリがないためなのでそれを補正
41         $tpl_dir = $this->ctl->getTemplatedir();
42         if (!empty($locale) && strpos($tpl_dir, $locale) === false) {
43             $tpl_dir = $this->ctl->getDirectory(‘template’);
44             $tpl_dir .= “/$locale”;
45         }
46         if ($tpl_dir{strlen($tpl_dir)-1} != ‘/’) {
47             $tpl_dir .= ‘/’;
48         }

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ