セクシーに心理学を学ぶ

最近、セクシーという言葉に敏感です。

先日恵比寿で会食した全職の先輩が、
日本にはGoogleのようなセクシーな会社ってないよね?
と話してくれたのが発端です。

BPSが着実にセクシーな会社になるよう日々試行錯誤を重ねています。
どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

話は変わって、
同僚から世界一セクシーに心理学を学べるサイトを紹介して頂きました。
中でも、「嚢中の錐」を題材とした書き込みが印象的だったので紹介させて頂きます。
※残念ながら管理者の方とは無縁です。

特に下記の部分。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
「環境」のせいにしないでください。
「才能」なんて言葉を、言い訳にしないでください。

ただひたすら、磨く。
ただひたすら、今目の前のことを、楽しみつつ、続けていく。

それこそが、何より大切なんですよ。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

英語こそ両親のおかげで話せますが、幼少のころから秀でた能力はなく、
自信過剰でポジティブな性格で甘く評価しても”中の下”程度の地頭でも、
所謂デキル人の何倍もの時間と労力をかけて、何倍もの失敗と屈辱を重ねて、
良くも悪くもフクロを突き刺してきました。

もっともっと賢い選択はいくらでもあったのでしょうけれども、
結果的に、尊敬する仲間と好きな仕事を続けられていて、
腹を割って話せる家族と友人にも囲まれています。
手にしている幸せは、”上の下”くらいと自負しています。

人は、与えられた条件でひたすら精進するしかないのです。
その中で、小さな幸せをコツコツと積み立てていくのだと思います。

引き続き、前を向いて進みます。

もちろん目指すは、自分と
お世話になっている人が”上の上”の幸せを手に入れることです。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

お知らせ
社名変更のお知らせ

2019年10月01日

関連する記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ