金持ち老後、貧乏老後|早めに対策すれば誰でも手に入れられる幸せ

[tmkm-amazon]B006K1U116[/tmkm-amazon]

愛読している雑誌のひとつ、PRESIDENT誌
今回は「この先30年」人生安心プラン 金持ち老後、貧乏老後 でした。

がんの治療費は100万円、入院費用は1日1.6万円、
国別に老後は安泰かの情報や、
20代、30代、40代、50代、60代(ビジネスマン層)の
ケーススタディ(事例と改善ポイント)を紹介してくれます。

ですが

これと言って、なるほどなあ、とか、
これは知らないだろうなあ、といった情報もなかったです。
20代の僕でさえないので、
社会人経験豊富な方には不要なのでは?と感じてしまいます。

ただ、企業に務めていると、
いろんな手続きはすべて会社がやってくれるので
保険・年金・税金の類周辺の情報だけは弱いって人には
気づきを与えてくれるのでいいかもしれません。

(ここから先は書いてあったことではなく読んだ後に考えたことです)

ケーススタディの事例から逆算すると、
都内での老後の暮らしに必要なのは、夫婦で月に40万円。
このくらいあればある程度安心だと、そんな感じがします。

思えば、初めて一人暮らしした時って、
月に15万もあれば楽に生きていけました。
例:家賃5万程度、食費5万程度、通信費光熱費と娯楽で5万

夫婦だとこの倍だとしても10万残るのでそれを保険にまわせます。
保険に入っていればいきなりお金がなくなる心配はないです。
大事なのってきっと、若いうちにお得な保険に入っちゃうことですよね。
そうすれば保険で毎月10万円かかるなんてことはありえないし。
あとは、定年までいくら貯金しておけばいいかを計算しておくこと。

80歳くらいまで生きるとして定年後20年間で必要なのは、
20年×12ヶ月×40万円で9600万円くらい?
夫婦が定年を向かえるまで40年ほどあるとすれば、
二人で毎月平均20万円ほどぼ貯蓄する必要があります。
共働きなら極端な話、その半分ですよね。

社会人の生涯年俸が2億円くらいだと仮定すると、
40年間の平均月収は35-40万円くらい。
二人だとすると平均月収は70-80万円でしょうか。
この中で毎月10-20万円の貯金をひねり出すわけですね。

年金、退職金、遺産などを加味していないので実際はもう少し楽かもしれませんね。
年金で月額15万円あたりはあるでしょうし。60歳時点から受け取ると10万円かな。

とはいえ

これらは自分でどうにかできないですからね。
年金目的で海外に行くってのもおかしいし、
退職金目当てで企業を探すのも夢がないですよね。
生まれた家族が金持ちかどうかなんて運しだいですし。
もらえたら、ラッキーと思いましょうよ。

ただ一つ言えることは、宝くじを当てるのは難しいけれど、
節約と貯金なら、誰にだって可能だということです。
逆に、月収20万円だろうが100万円だろうが、
浪費癖のある人でお金が溜まっている人を僕はしらないです。
毎月目標をたててコツコツ積み立てる習慣をつくればいける。

・・・

退職金だけはどうにかできる立場です。

設立当初の5年前に、弊社では退職金はナシ!と決めましたが、
皆の将来のために少額でもいいから、
溜まっていく仕組みを導入しようかなと改めて考えさせられました。
恥ずかしながらまだまだ大盤振る舞いはできませんが。
まずは無理なく可能な範囲で。

週明けにでも役員と話しあってみる。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ