仕事を引き継ぐのは難しい

能力が飛びぬけて高い人に仕事を引き継いでもらえるなら問題ありませんが、
大抵自分より経験が浅い人にお願いすることになるので引き継ぎは難しいですね。

単純作業化してしまえばいいのですが、それ自体に結構時間がかかるので・・・
私はサンプルを準備して後は本人の応用力と努力に期待することにしています。
状況は変化しますし手順も定期的に変わるのでそれを加味した情報共有が必要です。

引き継いでくれる人にとっては新しいことを挑戦しているつもりでも
自分にはルーチンワークなためつい説明が雑になったり不十分だったりします。

まずは、お互いの認識のズレによるトラブルを少しでも軽減するために
日頃の密なコミュニケーションに加えて些細なことでも都度解決したいという旨を伝えて、
チリも積もって不必要な成果物が膨大なコストの報告がデスクに届かないようにします。

ホウレンソウの手法や仕事術のノウハウは様々あってケースバイケースで使えますが、
まずは目的と成果物を伝えることと、協力したいという気持ちをダイレクトに伝えるのが
仕事を引き継ぐうえで最も重要だと思います。

協力体制が構築できて初めて、効率のいい協業が可能になるんですよね。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

お知らせ
社名変更のお知らせ

2019年10月01日

関連する記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ