経営理念はなんのために

BPSのホームページでは現在企業理念を紹介していません。
何も実現しないうちから偉そうなことを書くと恥ずかしいだけ。
それに、20代前半の若造(数年前)が
企業を経験するまえに企業のあり方をまとめて、
自分やスタッフがそれを軸に事業を展開しても
今後の縛りにしかならないと思ったからです。

そんなもの、数年後の自分なら、すべて塗り替えるはずだと。
変わらない(成長していない)なら、代表は交代すべきだと。
そんなことを考えていました。
当時は、誰よりも成長する自信が(無駄に)ありました。。。

言い訳をしているといつまでたっても作らなさそうです。^^;
だから今、BPSのゴール、BPSの経営理念をまとめています。
想いを言葉にすることは、難しいですね。
日本語が下手で、幼稚なフレーズしか作れないのが悲しい。

でも、経営理念は誰に向けて作るのか?ここが大切です。
プロモーションも兼ねて社外(会社を見に来てくれるお客様や応募者)
に向けて発信している企業も非常に多いですが、
ぼくらが理念を本当に伝えて共有したいのは、社内の仲間です。
だから日本語を直してもらわずに(必要最小限だけ)
格好付けずに、いつも通りの言葉でまとめようと考えています。

前置きはさておき、ぼくらの目標(ビジョン)は、
日本発世界を代表するITベンチャー企業になること。
そのために、全世界が楽しめるサービスを作り続けること。

経営理念(手段)は

● みんなハッピー、誰も損しちゃいけない
自分だけが幸せになる方法なんて誰でも思いつきます。関わるすべての人がハッピーになれるようにITを駆使するのがBPSの普遍的な考え方であり存在意義です。

● 誰かを幸せにしたいと思うなら、まずは自分たちから
毎日残業・徹夜・休日出勤などこの業界ではよく聞きますが、犠牲から生まれる幸せなんて存在しません。不健康な心身で、人の役に立とうという考えは間違っています。常にベストな状態で、全力を尽くす。これがあるべき姿です。だからBPSは、何よりも自分たち(スタッフ)を大切にします。スタッフが、仕事を通じて、お客様と社会に幸せを届けてくれるからです。

● 個人の成長が、会社の成長につながる
スタッフに、お客様に、社会に、何をすれば一番喜んでいただけるのか?ビジネスパートナーとして選んでくださったすべての方々のため、夢を実現していく場として選んでくれた仲間のため、今もこれからも最も注力すべきことは、成長です。今日よりも明日、明日よりも明後日、スタッフ一人一人がこれまでにできなかったことにチャレンジし、これまでにできなかった速度・品質にチャレンジし、社内外の人のためにできることを着実に増やす仕組みをつくること。これが、これまで支えてくれたすべての方々に恩返しをする方法であり、会社成長の法則です。

● 何かを楽しむことができたら、それは才能
BPSは制作・開発することが好きでたまらない、優秀で才能にあふれるスタッフが集まっています。自分の才能を疑わずどこまでも貪欲に好きなことを四六時中追求して、実力でまわりを納得させるのがBPSの文化です。

● 他の人にできて、僕らにできないわけがない
どんな革新的なサービスや製品も、自分が作らなくても、いずれ誰かが作ります。だったら自分たちで作りましょう。やりたいことが見つかったら、やらない言い訳を考える暇がすこしでもあるなら、どうやって実現するかをひたすら考えましょう。個人の力だけだと無理もあるかもしれませんが、可能性は無限です。やりたいことは常に自分で実現していくつもりで強欲にチャレンジしていくのがBPSです。

やはりこのままだと恥ずかしいので、実際に掲載するときは、
もうすこし文章を整えてもらうかもしれません・・・。^^;

今年中には、教育体制がまとまりそうです。
来月また一人増えます。来年度までに後7名。
来年度は、仲間を一気に増やす年になりそうです。

止まっている時間が持ったいない。
BPSに貴重な時間と可能性を預けてくれている仲間や
支えてくれているビジネスパートナーのために
前にすすまないと、ですね。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ