鍵の受け渡しのために新しい事務所へいってきました。

天気が良いとさすがに綺麗ですね。内覧していたときはデカデカと外向きに広告がはってあったのでここまで日当たりが良いとは思ってませんでした。

このスペースが開発室になります。

ここらへんは社内のニーズに応じて臨機応変にかえるために特に壁を新たに作るなどは予定していません。

逆に、開発室以外のスペースに関しては、少し遊び心を加えてみようか、という話になっています。エントランスはちょっとかっこいいクールな感じにして、奥のリクリエーションスペースはポップなな感じに、など。下記設計例です。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

Rubyスタイルガイドを読む

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ