TechRacho(開発ブログ)で採用支援はじめます!ぜひお問い合わせください!

皆さまこんにちは。TechRachoを運営しているBPS㈱の渡辺です。前置きは抜きにして採用支援の情報さっさとだせよと思ってくれた方はこちらへどうぞ。後半まで飛びます。

転職意欲潜在層への採用支援に挑戦したいです!

毎月開発ついでに訪れる50000人以上の開発者に向けて、ついでのついでに良さそうな会社があったら見てみない?的な提案をしてみるのも面白いんじゃないかなと思ってます。今すぐ転職したい!って人や、今は絶対転職したくない!って人以外を対象とした採用支援ですね。これを転職意欲潜在層と名づけて話をそのまま進めてみます。
転職意欲潜在層

TechRachoには、おかげさまで毎月50,000~10,0000人以上の転職意欲潜在層の方が訪れてくれます。検索クエリや閲覧ページをみていると、殆ど現役開発者ですね。毎月固定で人気なのはMacで東方を遊ぶ方法をまとめた記事やエクセルで改行する方法を書いた記事ですが割合としては少ない。初心者向けのマニュアルやチュートリアルは書かないので、そこそこ開発経験がある人 and/or 現在開発していてエラーでたからググってTechRachoに来た人が多いかと思います。年齢で分類すると、10%が18~24歳、55%が25~34歳、30%が35~44歳、残り5%がその他になっているので、まあなんとなく読者像の推察にもマッチしている気がします。特にRuby on Rails系の記事は特にアクセスが多く、tophatenarでもなんとかそこそこ上位に食い込んでいるみたいです。

rails系の記事でtophatenar

そんな開発者の読者さんたちに向けて、すぐ良い出会いだと感じなくても、いざ転職を検討し始めた時に、刺さる部分があれば思い出してもっかい探してくれるかもしれない。モテる男女のように、気が向いたり破局したら付き合ってあげようかな、的なことが言える状況が理想ですよね。条件やスキルセットも大事ですが、それだと情が移る前に条件が合わなくなったら終わりです。お見合いも良いけど自然な出会いも素敵だなとおもう今日このごろです。男女のそれは無理だとしても企業とのマッチングなら・・・。・・・失礼しました。

マリ(MAngaREborn)ちゃんとフュージョン

転職前に何かしらの理由がお互いのことをすこし知れる機会があってもいいかなと思うんです。実際そういったルートで転職や採用される方、けっこう多いですよね?だから掲載するのは求人情報ではなく、その会社の押し出している技術や企画についての記事+会社紹介かなと。面白い技術課題に取り込んでいたり面白い技術者がいたり多かったり、その延長線上に面白い企画や事業があったりです。

どうおもいます?

採用支援料金techracho人事担当者向け

たとえば、こういった技術ネタの記事(リンク先は「チーム開発においてGit初心者が踏みがちな地雷まとめ」です)の下にオフィスの写真やら会社の紹介やらを軽く挟むのはどうかなと。土日に一緒に集まってRuby on RailsとGitを使ってその場で思いついたものを共同開発してみたい方は遊びででも一度どうぞ。まあ弊社のPRはどうでもいいとして、そんなようなコンテンツが多かったらどうかなと。

どうでしょ?興味あるよー、話聞いてあげてもいいよーという方は、facebook/twitter/p[at]bpsinc.jpまで連絡いただけたら幸いです。あるいは弊社のお問い合わせフォームをご利用ください。僕の性格を知っている方にはいわずもがな、基本無料にします。成功したらおすそ分けを頂戴したいです。お問い合わせフォームには秘密が隠されているので最初に見つけた方は有料プランを半年間くらい無料でサービスいたします。

媒体資料:人事担当者様へ

techracho_媒体資料_01

techracho_媒体資料_02

techracho_媒体資料_03

techracho_媒体資料_04

techracho_媒体資料_05

techracho_媒体資料_06

techracho_媒体資料_07

techracho_媒体資料_08

techracho_媒体資料_09

techracho_媒体資料_10

ご覧いただきありがとうございます。ここまでみて興味あるよー、話聞いてあげてもいいよーという方は、facebook/twitter/p[at]bpsinc.jpまで連絡いただけたら幸いです。よろしくご検討ください。:)

TechRacho(開発ブログ)の新企画の経緯

僕は立ち上げメンバであり今のところ社長をまだ務めてますが、人が増えてくるにつれ頼りにされることが減ってきて、現在はこれといって決まった業務はない身です。だからか、他のメンバが頑張って良い開発記事を書いているなか、勉強した炎上マーケティングを試すために売上1億円の開発会社が◯◯やってみた的な記事をTechRachoで書いて普段と違った読者の来訪を楽しんでいます。TechRachoはただの開発ブログで弊社の他サービスと比較して誰かが特別ハッピーになるわけでも新しい市場を開拓できているわけでもないですが、弊社のことを何かしらの理由で興味を持ってくれる方は一人でも増えるのはとってもとっても嬉しいです。皆さまいつもありがとうございます。

ブログで記事を書くくらいなら売上伸ばすために頑張って経営しなきゃって思うところもありますが、僕はMBAを取得したわけではないし(いちおう会計や税務に関連したことはひと通りわかりますが)、どうせ土日祝日含めて常時会社のことは考えるし、まだまだこなせる雑務はあるので経営に専念する必要もメリットも少ないかなと思ってます。それなら今はやりのオウンドメディアってやつのグロースハック(笑)とか、採用って分野とか、外注マネジメントとか、いままでの主業務とは関係ない作業や業界に意識を向けて新しい刺激や知見や人脈を積み上げていこうかなと思うわけです。ってかそうしないと3年以内に僕が会社内でいらない人になりそうです。ただでさえ優秀な人が増えてきているのでなんとかせねば。

というわけでTechRachoを使っていろいろ実験してます。外注マネジメントとか採用とか税金対策とか他の分野での発見は他の機会にまとめてみます。実はSEOやWEB広告の知識はそれなりにあるのでお客様のサイトの集客やコンバージョンアップのお仕事をさせてもらっているので集客増や収益率増の実績は沢山あるんです。たとえばもうすぐ弊社のスタッフの誰かが実績をまとめてくれるかと思いますが、対策後3ヶ月で下記のようなコンバージョンアップを実現しています。

コンバージョン数はこちら。(SEO対策実績より

コンバージョン数

コンバージョン率はこちら。(SEO対策実績より

コンバージョン率

今までの何十万円以上も毎月広告に突っ込んでいた企業さんのために同額で3ヶ月間SEO対策しただけです。もちろん費用が続く限り対策し続けますが今解約されても改善したコンバージョンレートは変わりません。SEOを解約して広告をコンバージョンレート高い間は撃ちまくり収益を伸ばし、悪くなってから再契約しても良いし、また違った視点から優良顧客転換を狙ってもいいですしね。でも自分のサイトとなると、やれることが多すぎて逆に何から手をつけていけば良いのかわからず、少ない経験でえっちらおっちら進んでいる状態です。なので経験者の方はぜひいろいろアドバイスください。コメントでも、Facebook経由でも、メールでp[at]bpsinc.jpまでぜひ。

TechRachoは業務でお預かりしている客様のサイトと違って、特に商材がありません。記事といったコンテンツはありますが、生々しい言い方をするとお金がはいってワッショイするタイミングが見えないので何をするためにいくら投資していいかわからないんです。課題設定が一番むずかしい。受託開発を長くやってると開発力や組織力は高まるかもしれないけどここは伸びにくい気がします。答えの半分以上はお客様が持ってますからね。それさえ明確になっていればあとは解決するだけで悩むこともないのですが、曖昧だと動けない。言葉として適切かどうかわかりませんが、新しい価値の提案が必要ですね。コンサルな人たちがよく使うバリュー(↑↑↑)ってやつの提案ですね。このバリューが作れるかってのが、スタートアップの方々がいつも試行錯誤してブレイクスルーするか死に絶えるポイントですよね。TechRachoは昔から育てているサイトなので、もうすこし広範囲で誰かの役に立てたらなと思ってます。読者の皆さまも何か良い案あればぜひおしえてください。<(_ _)>

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ