MacのMagic Trackpadの不具合を修正する方法

こんにちは、hachi8833です。最早ないと生きていけないMacのトラックパッドですが、割りとピチパチプッチンと問題を引き起こしてくれます。

macOSでトラックパッドで不具合が起きたときのトラブルシューティング方法についてメモします。私のは古いMagic Trackpadですが、Magic Trackpad 2でも基本同じだと思います。

今回のトラブルは、「Bluetoothが接続できているのにトラックパッドがまったく反応しない」というものでした。

最初に試すべきこと3つ

1. トラックパッドの汚れを取り除く

自分はまだ遭遇していませんが、これだけで問題が解消することがあるそうです。

2. 「システム環境設定」のトラックパッドがらみの項目を単にオン/オフする

馬鹿馬鹿しいようですが、これで解決することがしばしばあります。macOSはどうもトラックパッドがらみの設定の扱いが微妙に下手くそな感じで、画面上ではオンになっているのにいつの間にか内部でオフになってたり、あるいはその逆になっていることがときどきあります。

その場合、チェックボックスの設定をオン/オフまたはオフ/オンすると、やっと書き込まれるようです。

変更対象は、「トラックパッド」と「アクセシビリティ/マウスとトラックパッド」です。

3. トラックパッドの電池を取り替える

今回の場合、トラックパッドに接続はされているのにまったくデータが流れず、バッテリー状態も更新されない(100%のまま)という現象が起きたのですが、後述の設定ファイル除去を行った後に電池をいったん外して入れ直すとやっとデータが流れるようになり、バッテリーが5%と表示されました。それで速攻電池を新品に交換し、上述の「項目オン/オフ」を行ってやっと解決しました。

おそらく電池が弱ってBluetoothの電磁波を送信するパワーが足りなかったか、ひっそりフリーズしてたのではないかと推測しています。おそらく実際には、後述の設定ファイルの問題と複合して起きていたかもしれません。

それでもうまくいかない場合

PRAMクリアとSMCリセットを試します。

PRAMクリア

  • 念のためMacの電源をいったんオフにし、10秒数えます。
  • コマンド(⌘)キーとoptionキーとPキーとRキーを押しながら、電源ボタンをオンにします。
  • そのまま押していると、おそらく2回再起動します。途中どのタイミングで手を離していいかいつも迷います。

SMCリセット

  • 念のためMacの電源をいったんオフにし、10秒数えます。
  • 左側のShiftキーとcontrolキーとoptionキーを押しながら、電源ボタンをオンにします。
  • どうなるとSMCリセットされるのか今ひとつわかりませんが、Macの電源ケーブルのパイロットランプが黄色になったり青になったりしています。

それでもうまくいかない場合

トラックパッドやBluetoothの設定ファイルやドライバファイルをいったんデスクトップあたりにどかし、再起動します。再起動すればこれらのファイルが再作成されます。

これらのファイルは、Macでユーザープロファイルを使っているかどうかで置き場所が変わるのでご注意ください。これらのファイルをどかすには基本的にroot権限が必要になります。

以下のディレクトリにあります。

  • ~/Library/Preferences
  • /Library/Preferences

私の場合は以下のファイルをどかしました。一部はない可能性もあります。

  • com.apple.AppleMultitouchTrackpad.plist
  • com.apple.Bluetooth.plist
  • com.apple.driver.AppleBluetoothMultitouch.mouse.plist
  • com.apple.driver.AppleBluetoothMultitouch.trackpad.plist

参考

関連記事

Mac: homebrew caskを一括アップデートできるhomebrew-cask-upgrade

macOSのアップデート失敗後にダウンロード前の状態に戻す

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の半分ほど、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れてそれぞれ一部を翻訳。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好き。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ