『Regex Festa— 正規表現を楽しもう』に参加してきました

こんにちは、hachi8833です。

10月18日(金)に市ヶ谷のオプトテクノロジーズ様のスペースで開催された「Regex Festa — 正規表現を楽しもう」に参加してきました。正規表現厨としてはもうたまらない企画です😋。


opt.connpass.comより

当日の雰囲気はTwitterのタイムラインをどうぞ↓。この記事には貼っていませんが、セッションのスライドもほぼ出揃っているのでタイムラインで拾えます。

参加してみて

オープニングのキーノートスピーチは『正規表現技術入門』↓の著者の一人である新屋良磨さんが務めました。オーラスのLTも新屋さんが途中からホワイトボードに右方跳躍オートマトンという先端的なトピックについて直書きを始めるという異色の展開となりました。オートマトンや形式言語方面はとっくに理論が確立しているのだろうとふんわり思っていましたが、未解決問題がまだまだあるとは…😅。

感覚的にはセッションの8〜9割が学術的な内容で、オートマトンやDFA・NFA、二村射影といった用語がびしばしに飛び交い、「正規表現よりオートマトンの方がちょろい->オートマトンは奥が深い」などの小ネタも。

個人的に最高だったのが、FA(有限オートマトン)の種類にはAFAからZFAまで微妙ながら一応26個全部あるという話と、状態遷移を微分することで判定するというクラクラするようなテクニック。

参考: 有限オートマトン - Wikipedia
参考: PDF: Regular-expression derivatives reexamined

正規表現エンジンやジェネレータをさまざまな言語で実装するセッションも多く、Haskell、Scala、Emacs Lisp、果てはTexによる実装まで登場していました。

ここで告白しちゃいますが、実は日本語で書かれた正規表現の専門書をこれまで読んだことがありません😇(Regular-Expressions.infoのPDFぐらいです)。以前訳した以下の記事が頼りでした😅。

正規表現をチョムスキー言語学まで遡って理解する(翻訳)

多くはただちに業務に役立つ話ではないのかもしれませんが、いつしか血肉となって役に立つこともあると私は思っています。何より、正規表現に強い人の話をたっぷり聞けてサイコーでした😍。


こちらの方が当日のメモをみっちり残してくださっています。とても助かります!🙇。

以下は当日私が行ったLTのスライドです。これまで何度かTechRachoで記事にしていた内容ですが😅、他のセッションに先読み後読みの話が不思議に出てこなかったせいか、おかげさまで盛り上がりました。

懇親会では、発表者の方から「.NET Frameworkの実装は追いかけてみたことがある」「look behindの量指定子の実装はもっと効率化できる」という貴重なお話も聞けました❤️。

ベーグルもおいしくいただきました。オプトテクノロジーズ様ありがとうございます!

関連記事

はじめての正規表現とベストプラクティス#1: 基本となる8つの正規表現

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ 開発エンジニア積極採用中です! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

hachi8833

Twitter: @hachi8833、GitHub: @hachi8833 コボラー、ITコンサル、ローカライズ業界、Rails開発を経てTechRachoの編集・記事作成を担当。 これまでにRuby on Rails チュートリアル第2版の監修および半分程度を翻訳、Railsガイドの初期翻訳ではほぼすべてを翻訳。その後も折に触れて更新翻訳中。 かと思うと、正規表現の粋を尽くした日本語エラーチェックサービス enno.jpを運営。 実は最近Go言語が好きで、Goで書かれたRubyライクなGoby言語のメンテナーでもある。 仕事に関係ないすっとこブログ「あけてくれ」は2000年頃から多少の中断をはさんで継続、現在はnote.muに移転。

hachi8833の書いた記事

夏のTechRachoフェア2019

週刊Railsウォッチ

インフラ

ActiveSupport探訪シリーズ