Tech Racho エンジニアの「?」を「!」に。
  • ライフ
  • 開発

TextMateで外部ディスプレイを使っていると文字がぼやけて見難くなる問題の対処法

メインのエディタとしてTextMateForMateKonaVeを使っているのですが,クラムシェルモードで外部ディスプレイに出力した際に,フォントがぼやけてすごく見難くなってしまう問題がありました.

具体的には以下の図の様な感じです.

これに対処する方法をまとめました.Snow Leopard用の対処方法の様ですが,Lionでも確認済みです.

この問題はAppleFontSmoothingというフォントレンダリング時の設定パラメータに起因する問題の様です.
なぜかはわからないのですが,Mac標準のディスプレイと外部ディスプレイではパラメータが違う(もしくはデフォルトパラメータが設定されていない?)みたいで,サードパーティ製ディスプレイを使っている時だけ問題になるようです.
また,TextMate以外にもTerminal.appなどのアプリでも同様の症状が発生するようです.

対処方法ですが,Terminalを開いて,

$ defaults write com.macromates.textmate AppleFontSmoothing -int 2

とAppleFontSmoothingのパラメータを指定してやれば良いです.
この-intで指定するパラメータは0-3の間の整数値で,それぞれの設定パラメータ毎の見え方は以下の通りです.黒背景に白文字で使っているのであれば2くらいが見やすいと思います.

AppleFontSmoothing = 0

AppleFontSmoothing = 1

AppleFontSmoothing = 2

AppleFontSmoothing = 3

ちなみに,以下のコマンドで指定すると,全てのアプリケーションについて適用されます.

$ defaults -currentHost write -globalDomain AppleFontSmoothing -int 2

また,writeをreadにして,-int以下を取り除けば,現在のパラメータが参照できます.

$ defaults read com.macromates.textmate AppleFontSmoothing

というわけで,同じ問題に苦しんでいる人は設定してみると良いと思います.

CONTACT

TechRachoでは、パートナーシップをご検討いただける方からの
ご連絡をお待ちしております。ぜひお気軽にご意見・ご相談ください。