株式会社クロス・ビー様の会員制スポーツサイト「SportsBusinessOnline」を公開しました

株式会社クロス・ビー, スポーツビジネスオンライン, SBO, Rails, Ruby

スポーツに関する記事を提供している会員制のサイト

SportsBusinessOnline

スポーツビジネスオンライン(以下、SBO)は株式会社クロス・ビー様が運営するサイトで、スポーツに関する記事を提供している会員制のサイトです。

Visit web site

01 プロジェクト概要
ダウンしないサーバー構築

株式会社クロス・ビー, スポーツビジネスオンライン, SBO, Rails, Ruby

株式会社クロス・ビーが運営する自社サービスの再構築を支援させていただきました。 サーバーがダウンしてSBOが見られないという状態がしばしば発生していたので、サイトを運用しているサーバーの移管を提案し、移管に伴ってサイトのリニューアルを行うことになりました。 SBOでは、有料コンテンツを提供するため、デザインと機能の改善だけでなく サーバーのダウンタイムを限りなく小さくすることが重要でした。そのため、我々は、サーバ構成の選定とメンテナンス体制を 作ることを特に重要視し、SBOの再構築の支援を行いました。
このプロジェクトでは、システムの機能を最初から練り直す作業からホスティングまでの全行程を行っています。

02 企画・制作
CMSを用いたサイトリニューアル

お客様の要望としては、大きく以下のような事項が挙げられました。

  • 低コストでリニューアルを実現する。
  • リニューアル前の機能を網羅する。
  • 記事のRSS配信を行う。

上記のご要望に対応するためにCMSを用いてサイトのリニューアルを行うことにしました。CMSは導入が容易で、記事の投稿や記事の検索などを容易に行うことができます。また、一からサイトを構築するよりも大幅に作業量を減らすことができるため、コストの削減が可能となります。

03他社レビュー・掲載
リニューアル時の慎重なテストにより安定した運用を実現

開発する機能には、メルマガ配信機能や会員費決済機能など機能に不備があればお客様に損害を与えてしまう重要な機能がありました。それら重要な機能の部分は開発にあたって特に気を遣い、テストを念入りに行いました。念入りにテストをすることで、使用していたCMSのプラグインのバグを発見し、修正対応することができました。サイトの移管では、既存のDBをCMSで利用するDBに対応させる必要がありました。DBには会員の情報や記事の情報など重要な情報が含まれるため、移行漏れがなく、正しく情報が移行されている必要があります。サイトの移管も特に気を遣い、移行テストを何度も行うことで対応しました。

お客さま担当者よりコメントをいただきました

専門用語も分かりやすい言葉で説明して頂き信頼して仕事を任せることができました。

有料サービスを提供するサイトであるにも関わらず、サーバーが不安定な状態が続いており、BPSさんに相談したところ、現状の分析や改善案の提案をすぐに頂きました。リニューアルに伴い、専門用語も分かりやすい言葉で説明して頂き、信頼して仕事を任せることができました。

限られた予算のなかでしたが、データ移行を始めとする様々なリスクを洗い出して対応策を講じて頂き、システムの再構築も短い納期の中で実践してもらいました。

お陰様でサーバーが安定して、保守にかけていた時間をコンテンツの充実に充てることができています。会員数を増やす施策などの相談にもアドバイスを頂いており、BPSさんの幅広いサポートには感謝しております。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生まれ、サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学してそのまま移住。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。BPS代表。

渡辺 正毅の書いた記事

BPSアドベントカレンダー

人気の記事