プロバスケットボールBJリーグの新規参入「千葉ジェッツ」の公式サイトを公開しました

千葉ジェッツ, Rails, Ruby

プロバスケットボールBJリーグに新規参入した千葉ジェッツのHP

千葉ジェッツ

千葉ジェッツとは、2011年度シーズンから参入した、千葉県にあるプロバスケットボールチームです。弊社渡辺がチーム結成前の準備室時代から関わってきたチームであり、チームとファンの窓口となるようなサービスを提供することが目的のサイトです。

Visit web site

01 プロジェクト概要

プロジェクト概要
プロバスケットボールチーム誕生のためのWebサイト

新しいプロバスケットボールチームのための、ウェブサイトを構築することが、本プロジェクトの目的である。プロ参加承認が下りるまでの準備サイトとして、準備室と市民の方々の交流を促す仕組みを用意したり、BLOGを通して多くの活動を発信する場をデザインしました。結果的に、無事に承認が下り、チーム発足となりました。

千葉ジェッツ, Rails, Ruby

02 企画・制作

企画・制作
リアルタイムでの情報発信をいかにするのか?

サイトからは、準備委員会の営業活動、広報活動をリアルタイムで発信し、市民の方々との交流を図る場を想定し、制作を進めました。実際には、twitterやブログを設置し、広報活動を手に取るように分かる仕組みを用意しました。更に、市民の方々が意見投稿できるように、コメント欄を用意したり、トップページにtwitterを設置し、twitterを通して市民の皆様との情報交換をオープンな形にしました。

千葉ジェッツ, Rails, Ruby

03 開発・実装・運用

開発・実装・運用
今後の運用を見越したシステム構築

チーム結成前のサイト公開当初の目的は、単純な情報発信と地域の方々とのコミュニケーションの場を用意することでした。しかしチーム参入が決定してからはより商業的なユースが想定されていたため、ソーシャルメディアとの連携だけでなく、チケットやグッズなどの販売機能、動画配信の基盤、さまざまなコンテンツの追加・編集が可能なCMS※の構築も行いました。また、PCだけでなく、地域の所有率の高いフィーチャフォンを活用したワンタッチでメルアド会員登録を実現する仕組みやデジタルサイネージも導入させていただき、デジタルだけでなくアナログの領域でも支援させていただいております。
※コンテンツマネジメントシステム

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ