SEO対策のサービスページを更新しました

SEO対策用サービスページを更新しました。
システム開発力を活かした費用対効果の高い内部対策が売りです。

seo

ビッグキーワードでトップページに誘導する業者は多いですが、
それらは競合も多いから対策していくのには時間とお金がかかり、
ビッグキーワードを検索してる人は目的がまだ定まっていないので
アクセス数の割に顧客転換率や成約率は低いし、
リンク販売は営業力のない弊社には不向きなので、ここは捨てます。
海外の知り合いの業者を利用したほうが安いですし。
ルールを明確に把握できていれば人件費の安いとこが良いですね。

逆に、僕らは、
サイト全体(商品の詳細ページ)へアクセス増を提案します。
そのほうが興味あるページに辿り着くし、話がはやいです。

SEOでの費用対効果を向上させていくためには、
SEOの知識と、システム内部と、サービス内容を
全部をバランスよく把握していることが重要ですね。

システムを理解していないと費用対効果は事前に予測できないし
サービスを理解していないと商品の特性やターゲットがわからず
最初のキーワード選定から戦略を見誤ります。

僕らはSEOの専門業者ではないので、
システム開発を担当している案件のSEOに注力する!

と思ってサービスページを作ったのですが
Railsの時と同様に作っている間に稼働が埋まってしまったので
頑張ってスケールするように仕組みづくりします。
人と仕事のバランスをとるのって、難しいですね。

Ruby on RailsによるWEBシステム開発、Android/iPhoneアプリ開発、電子書籍配信のことならお任せください この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

関連する記事

BPSアドベントカレンダー

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ