勤怠や稼働管理・タイムカード版の入退室管理システム「入退くん for BIZ」も2018年度IT導入補助金対象商材となりました

タイムカード置き換え型・勤怠管理稼働集計型システム「入退くん」はオフィス・店舗型の企業向け、入退室管理システムです。iOS/Android/Windowsアプリのため、導入・管理が簡単! その手軽さから既に全国で多くのお客様にお使いいただいております

勤怠管理、稼働集計など、タイムカード置き換え型の入退室管理システム「入退くん for BIZ」

導入拠点(塾、学校、教室、スクール、セミナー会場、事業所内、Etc)1000件以上をこえる入退室管理システム「入退くん」の勤怠管理・稼働集計に特価したバージョンです。従来の入退室管理、在籍時間集計、ポイントの付与や、ユーザの絞り込みとメルマガ機能などに加え、社労士・税理士・会計士と連携が容易な勤務時間集計や残業・深夜残業・振替休日・残有給などの管理、支払い額計算に使える勤務データを出力できます。

詳しくは過去記事:タイムカード置き換え型、勤怠管理稼働集計システム「入退くん for BIZ」もリリースしました、または、「入退くん for BIZ」専用紹介LPを御覧ください。

IT導入補助金対象商材とは

経済産業省が定めるサービス等生産性向上IT導入支援事業で効果と信頼性を評価された商材のことです。導入費用に対し補助金を受けることができるため、さらに安価でお試しから本格運用のためのフルカスタマイズいただけるようになります。

業界最安、お試し無料、カスタマイズ自由、助成金活用によって初期コスト圧縮可能

導入後のカスタマイズ方法や実績、助成金申請に関してもぜひお問い合わせください。

タイムカードとして利用、業務効率化・管理コスト削減、Pマークの提出書類として活用

タイムカード置き換え型・勤怠管理稼働集計型システム「入退くん」は、その手軽さから全国で導入され続けています。ユーザー数は11万人、契約拠点数は1,100拠点。確かな実績に裏付けられた安心と安全のシステムで、オフィスから小売店まで、企業のセキュリティ対策をサポートします。

デザインも頼めるシステム開発会社をお探しならBPS株式会社までどうぞ この記事を書いた人と働こう! Ruby on Rails の開発なら実績豊富なBPS

この記事の著者

渡辺 正毅

1984年生。サンフランシスコ育ち。大学から憧れの日本に留学し、そのまま移住。2006年慶應大学SFC卒。2007年BPS株式会社設立。いい国ですよね。もっとよくしたい。好きになってくれる人を増やしたい。

渡辺 正毅の書いた記事

ライフ
夏前に増床します。

2018年03月12日

週刊Railsウォッチ

インフラ

BigBinary記事より

ActiveSupport探訪シリーズ